pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

糖尿病の治療薬を回転寿司で例えると

 糖尿病の治療薬が続々と開発され、種類が多くなってきました。

 看護師さん向けのバイタルサインの本に、血糖値についての解説があり、糖の流れを回転寿司に例えるという、とてもわかりやすい記述がありました。

早わかり見える!わかる!バイタルサイン―バイタルサインのしくみと「キメドキ」がわかる! (Smart nurse Books 12)

早わかり見える!わかる!バイタルサイン―バイタルサインのしくみと「キメドキ」がわかる! (Smart nurse Books 12)

 

 少しアレンジして、各種糖尿病治療薬の作用の違いについても、回転寿司に例えてみると、おもしろいです。

 

回転寿司のレーン:血管

寿司:ブドウ糖

割り箸:インスリン

お客さん:細胞

 

 市場でマグロを仕入れてきて、寿司ネタ用にさばきます(=食事をとり炭水化物を吸収して、消化酵素で分解し、ブドウ糖へ)。←ここを邪魔するのがグルコシダーゼ阻害薬。寿司ネタの供給が滞ります。

 

 寿司がレーンに乗って巡ります。お客さんが寿司を食べるのには割り箸が必要です。この回転寿司は特殊で、寿司を1つ食べるのに割り箸が1つ必要です。その割り箸はカウンターにはなく、寿司と同じようにレーンに流れています。割り箸がないとお客さんは寿司を食べることができず、レーンに寿司がたまってしまいます(血液中のブドウ糖を細胞に取り込んでエネルギー源としますが、細胞に取り込むにはインスリンが必要)←割り箸をレーンに直接投入するのがインスリン注射薬です。速攻型は一気にレーンに投入、持効型は少しずつレーンに投入して長時間一定の量に保ちます。

 ある風変わりな客(肝臓)は寿司を食べずに、寿司をたくさんつかって巨大寿司をつくります(グリコーゲン貯蔵)。これはいざというときの蓄えとなり、必要に応じて寿司を新たに作って(糖新生)、再度レーンに流すことができます。←新たに寿司をつくるのを防ぐのがメトホルミン(他にも様々な作用機序あり)

 寿司はレーンを巡って、いったん廃棄コーナーへと向かいますが、ゴミ箱に捨てられるのはもったいないということで、やっぱりレーンに復活します(尿細管での糖の再吸収)←これを邪魔して、ゴミ箱に捨ててしまえ!というのがSGLT阻害薬です。

 寿司がレーンに溜まっている状態が続くと、客が寿司を食べるのに飽きてくるのか、割り箸の使い方すらわからなくなってしまいます(インスリン抵抗性)。←割り箸の使い方を客に教えるのがピオグリタゾンやメトホルミン

 店内には割り箸工場(膵臓のランゲルハンス島)があって、そこで割り箸をつくっています。

 SU剤は、割り箸工場のスパルタな現場監督です。問答無用に割り箸を作らせます。

 グリニド系も、スパルタな現場監督ですが、すぐにいなくなってしまいます

 GLP1は、割り箸工場の臨機応変な現場監督で、四六時中、割り箸を作らせるのではなく、寿司がレーンに流れていないときは、サボっていいよと指示を出します。

 DPP4阻害薬は、GLP1と似てるのですが、その臨機応変な現場監督がすぐにどっかへ行ってしまうので、それを邪魔して、現場に留まらせます

 1型糖尿病は割り箸工場が機能していないという病態なので、治療薬は割り箸を投入しなくてはいけないことがわかります。現場監督をいれても、割り箸の使い方を教えても、寿司をゴミ箱に捨てても駄目です。割り箸がないと寿司をお客さんに食べさせることができません。割り箸がないと細胞内飢餓となってしまいます。

 

 大雑把にまとめるとこんな感じになるかと思います。いろいろとツッコミどころがあるかと思いますが、こういうのも面白いかなと。

 こうしてみてみると、エネルギーを外に出してしまう、というカロリー制限という観点では2型糖尿病においては利にかなっているように思えるSGLT2阻害薬ですが、副作用があいついで報告されています。

日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society

上記、SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendationは必読かと思われます。この暑すぎる夏…、脱水注意ですね。

↓もちろんメトホルミンも脱水注意です。

「ビグアナイド薬の適正使用に関する委員会」から:日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society