読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

目が不自由な患者さんへの調剤の工夫

今回は調剤の工夫についてご紹介します。

 

 目が不自由な患者さんの場合、薬の飲み間違い防止の対策が必要です。可能であれば、処方薬の用法を統一し(すべて分2朝夕食後など)、一包化すれば良いのですが、必ずしも用法を統一できる処方内容とは限りません。分3でしか効果が期待できないものもあれば、半減期が長くて分1製剤しかないものもあります。

 用法が異なっていると、一包化した場合、朝と夕で中身が異なってしまいますが、目が不自由だと一包化の印字された服用時点を判読できません。

 一包化せずに、PTP包装のままとし、手触りだけで判別するとなると、薬の種類が多くなってくるととても区別できません。

 

では、どうするか??

 

f:id:ph_minimal:20150724225142j:plain

こちらは自分が購入した市販薬ですが、切断面がギザギザになるハサミで、このようにPTPシートの横サイドをギザギザにすることで、目が不自由な方でも判別しやすくなります。

用法が統一できるものをすべて一包化し、統一できないものはPTP包装。

PTP包装となるものが3種類までなら、ギザギザのハサミを使えば判別可能です。

  • ギザギザなし
  • 片側のみギザギザ
  • 両側ともにギザギザ

目が不自由で処方薬が何種類もある場合、このようなツールを使えば、ある程度区別できると思います。他にも粉薬を使ったり、いろいろ工夫できるのではないでしょうか。

PTPの判別にはギザギザのハサミがおすすめです。