pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

SU剤と死亡リスク(PLoS Med 2016)

The Association between Sulfonylurea Use and All-Cause and Cardiovascular Mortality: A Meta-Analysis with Trial Sequential Analysis of Randomized C... - PubMed - NCBI
PLoS Med. 2016 Apr 12;13(4):e1001992.
背景:SU剤はT2DMの安価かつ効果的な治療法だが、死亡リスクや心血管イベントに関して相反するデータが報告されている。
目的:SU剤の安全性を評価

研究デザイン:RCTのメタアナリシス(52週以上の試験期間が対象)
P:T2DM
E:SU剤(glibenclamide, glimepiride, glipizide, and gliclazide)
C:食事療法、プラセボ、他の血糖降下薬
O:全死亡、心血管死

評価者バイアス:"Two investigators independently evaluated"

出版バイアス:言語制限[英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、日本語、ポルトガル語]。未発表の研究も検索したと記載あり。Funnel plotで評価。

元論文バイアス:コクランのツールで評価[①random sequence generation ②allocation concealment ③blinding ④incomplete outcome data ⑤selective reporting ⑥other bias(メーカーの資金提供を受けたか、など)]


<結果>
47試験を解析( 37,650 patients (16,037 randomized to sulfonylureas and 21,613 to comparators). There were 890 all-cause deaths, 354 cardiovascular deaths, 589 myocardial infarctions, and 275 strokes)

各スタディの試験期間は12~133ヶ月
平均年齢57歳
平均HbA1c7.2%(6.8-12.2%)

SU vs Control(全データ) 2年以上フォローアップ
全死亡 OR1.12(95%CI 0.96 to 1.30) I2=0% OR1.05(95%CI 0.89 to 1.24])
心血管死 OR1.12(95%CI 0.87 to 1.42) I2=12% OR1.07(95%CI 0.83 to 1.39)
心筋梗塞(MI;myocardial infarction) OR0.92(95%CI 0.76 to 1.12) -
脳卒中 OR1.16(95%CI 0.81 to 1.66) -

SU vs (placebo or diet) SU vs active comparators
全死亡 OR0.97(95%CI 0.71 to 1.33) I2=70% OR1.16(95%CI 0.98 to 1.38) I2=0%
心血管死 OR1.01(95%CI 0.68 to 1.51) I2=67% OR1.18(95%CI 0.87 to 1.61) I2=0%

   

<感想>
Placebo/Dietとの比較試験はほとんど無いんですね。Fig3,Fig4を見ると3試験のみで、90年代後半の古い試験。UKPDSの結果が大きなweightを占めています。他の2つはリスク上昇傾向ですが、イベント数が少なすぎるといったところでしょうか。

他の血糖降下薬と統計的有意差はついてないとしても、微増傾向にはあるようです。明らかなリスク上昇はなさそうだということはわかりましたが(心血管死を減らせないという言い方もできますが)、結論の" Current evidence supports the safety of sulfonylureas"という記載はどうでしょう。安全と言い切っていいものなのかどうか…。
とくに高齢者に使用する場合、低血糖リスクが問題となることも多いかと思います。高齢者のデータだけを抽出したらどうだったのか気になるところですね。