pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

認知機能低下を予防するサプリメントは? (Ann Intern Med 2018)

今年、6月のAnn Intern Medより
軽度認知障害MCI/アルツハイマー認知症サプリメントについてのシスティマテックレビューです。

Over-the-Counter Supplement Interventions to Prevent Cognitive Decline, Mild Cognitive Impairment, and Clinical Alzheimer-Type Dementia: A Systemat... - PubMed - NCBI
Ann Intern Med. 2018 Jan 2;168(1):52-62.PMID:29255909

認知機能低下を予防するサプリメントは…、

「ない」

以上です。

ツイッターより短いブログ記事になってしまいました。


この論文の結語を直訳すると、どんなサプリメントも認知機能低下を予防するために推奨できるエビデンスはないって感じですね。
エビデンス不十分だと。

このシステマティックレビューでは、Over-the-Counter Supplementってことで、ω-3 fatty acids, soy, ginkgo biloba, B vitamins, vitamin D plus calcium, vitamin C or β-carotene, multi-ingredient supplementsなどが取り上げられていますが、強く推奨できるものはなかったようです。

まあ…、「ですよね~」という感じ。


自分は衛生用品を買うときなどにドラッグストアに行きます(生活必需品はたいてい手に入る!!あざっす!)。ただ、光の速さで目当ての商品を見つけて、レジに直行するので、薬や健康食品の売り場はまったく見てないんですよね。調剤業務だけでなく、一般品の売り上げアップのために、敵陣調査ということでいろいろチェックしておくべきなのかもしれませんが、そういう発想は自分の頭にはまったく浮かばないものです。
サプリメントや健康食品コーナーには、物忘れ防止を謳っているかのような(法的には謳ってはいけない)商品が並んでいたりするんですかね?
今後、ちょっと見てみようかな。


やたらと認知症(MCI含め)の早期発見早期発見って言いますけど、日常生活においてあまり困っていない段階で早期発見したあとどうしろというんでしょうか。進行を遅らせる介入が多々あるなら、早期発見する意義がありますが、少なくともサプリメントについてはあまり期待できないっぽいですよね…(このSRの元論文をそれぞれきちんと吟味する余地はありますが…)。


認知症は避けては通れない問題ですが、フランスでは認知症治療薬が保険対象から外れるというニュースもありましたし、これからどうなっていくんでしょうね。CureではなくCareってことなのかもしれませんが、その"ケア"が十分に行き届いているのかどうか…。フランスの判断がどうなのかわかりませんが、あのジャンルの薬剤に多大な医療費がかかっているのは間違いありません。この医療費を"ケア"にあてたほうがいいという声もあるかもしれませんね。

自分はこの領域の"前線"にはいないので適当なことは言えませんが、いろいろ考えさせられますね。フランスに続く国があるのかどうか…。今後の動向も気になるところです(サプリメントの動向はべつにどうでもいいけど…。どうせ期待できなそうですし><)。

駐車券を口に咥えることで潜在的感染リスクになるか?

表題の件、自分は咥えてない気がするけど(たぶん)、まあ自然な行為で、別に珍しいことではありません。
駐車券に限らず、切符とか、手がふさがるとき、とりあえず口に咥える人っていますよね。
そして、それを見ても、みんななんとも思わないでしょう。

イギリスの研究(アブストのみ)
Reducing the risk of mouth-to-mouth transmission of pathogens via re-usable, machine-read parking tickets: an observational cohort study. - PubMed - NCBI
J Hosp Infect. 2017 Dec;97(4):430-432. PMID:28602706

セッティング:病院の駐車場。再利用可能な機械読み取り券を使用(再利用?日本と違うんだろうか…。)

598名のスタッフを観察したところ、21.6%が駐車券を口に咥えた。

駐車券の間のクロスコンタミネーションを調べたところ、発券機のスワブからcoagulase-negative staphylococci and a Bacillus spが検出


ふーむ。
日本の駐車券って"再利用可能な機械読み取り券"(re-usable, machine-read tickets)なんでしょうか?
一般的知識がきわめて非常識なのでよくわかんないな。
再利用可能ってどういうことなんだろう。あの駐車券って駐車場を出るときに機械に吸い込まれるけどそのあとどうなるんだろう?そのまま処分されるのだと思ってたけど。
まあでも口に咥えた駐車券を挿入して読み込ませて…、読み取り機が汚染される可能性はあるのかなぁ。

この研究を行った病院では、その後、潜在的な感染リスクとなりうる旨のポスターを掲示したところ、駐車券を口に咥える人が減少したとのこと。


さてここでやってみたい研究は、
ノロウイルス流行期に、たくさんの施設に協力してもらって、駐車券を口に咥えないでとポスター掲示する施設と掲示しない施設で胃腸炎患者の発生に差があるか?」
ぐぬぬ、デザインが雑。
もっとちゃんと設定しないと駄目でしょうけど、こういう研究やってみたいですよね。別にお金はかかんなそうですし。
施設まるごとランダム化して…っていうのはなんでしたっけ?クラスターランダム化?忘れちゃったなぁ。
でも施設ごとに患者層も違うでしょうし、地域ごとの流行の違いもあるでしょうし、バイアスまみれになりそうな気がする。どうすればうまくできるのかぜんぜんわからないなぁ。
ていうか、そもそも薬局にそんなでかい駐車場ないしなぁ。

まあ、こういう些細な動作が感染リスクになるかもしれないってのはおもしろい発想だなぁと思いました。

チペピジン(アスベリン®)のオーバードーズ ~その原因は?~

チペピジンってDrによって投与量に幅がありますよね(なんかみた)

添付文書的には、
小児には、チペピジンヒベンズ酸塩として1日1歳未満5.54~22.1mg(同5~20mg相当量)、1歳以上3歳未満11.1~27.7mg(同10~25mg相当量)、3歳以上6歳未満16.6~44.3mg(同15~40mg相当量)を3回に分割経口投与する。
です。

ざっくりですねぇ~。
これより多く使うDrもいるようです。

たしかにメーカーさんに使用実績のデータなどを聞くと、もう少し多い量でつかっていたりするらしいです。ここには書きませんが、もっと細かい情報が知りたい方はメーカーさんに問い合わせてみてください。
(文献はネット上に落ちてない…)

かなり多めに使う方もいらっしゃるようですが、チペピジンなんて安全でしょ、ていうか効かないでしょ、みたいなことなんでしょうか。多めにいこうぜ!みたいな?

まあ、そうは言っても薬ですからね。有害事象ゼロなんてことはないです。

Tipepidine hibenzate intoxication. - PubMed - NCBI
Pediatr Int. 2011 Oct;53(5):779-781.PMID:21955016

健康な3歳男児、体重14kg
咳、鼻づまりで上気道感染症の診断にて、カルボシステイン400mg/日、メキタジン1.5mg/日、チペピジン40mg/日処方。これらがシロップとして混合されており、1日3回服用 6日間処方

チペピジンの用量は添付文書でひっかからないギリギリの用量ですが、体重あたりで計算すると、2.8mg/kg

最後の投与から1時間後に突然興奮しだしてしまったと(suddenly grew agitated)

用量がいけなくてオーバードーズになったわけではないのですが、このお子さんがなぜオーバードーズになったか…
ちょっと推測してみてください。

おそろしい結末がまっていますよ。
結果から言うと、この症例のチペピジン血中濃度は、成人単回投与の22倍になっていたのですが、その原因は…。

これは薬剤師の領域の問題です。


















はい、スペースをあけて、焦らしてみましたが、カーソルで一瞬で移動できるので無意味でしたね。ていうか、うぜぇっ!て思われるだけ…。はい、失礼しました。

シロップなので、パッと思いつくのは、測りとる量を間違えたとか、おいしくて(おいしいかどうかしらんけど)子供が誤飲してしまった…なんてことが思いつくんですが、そうではありません。

お母様のお話より、
「最後に投与した際、ボトルの底部に厚い沈殿物を含んでいた」

チペピジンはあの白く濁ったシロップですが、沈殿したり固まったりすることがありますね。
ずっと上澄みを飲んでいて、最後の最後に大量のチペピジンを投与したことになったと推察され、血中濃度を測定したら案の定…という結末でした。

20倍ってすごいですね。
救急に到着したときのお子様の様子は、delirious,crying loudly!!!
そして、「きみの名前は?」とか「歳はいくつ?」ってな感じの簡単な質問にも答えられず。。

まあ翌日には回復して問題なく退院したそうでなによりでしたが、これは薬剤師としては教訓とすべき症例でしょう。

チペピジンアスベリンシロップ®)の添付文書には、はっきりとこう書いてあります。

薬剤交付時
(1) シロップ及びシロップ「調剤用」を患者に投薬する時は、「均一となるように振盪し、沈殿が生じていないことを確認してから服用」するように指示すること

ぐぬぬ…、添付文書大事ッ

はっきりと説明しなさいと書いてあります。
これを怠って、本症例のような副作用が起きたら薬剤師の責任でしょうね。

あとは配合変化をしっかり確認するように、というところでしょうか。
配合変化についてはまったく詳しくないので、ちょっと勉強しなくては!