pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

"疑義照会"の感度と特異度について

今回はこのイヤ~なテーマについて取り上げたいと思います。

薬局で働いている薬剤師のみなさまは疑義照会の悩ましさに気を使って神経をすり減らしていることでしょう。
処方せんを発行する医師のみなさまは薬局からの疑義照会をうっとおしいなぁ、煩わしいなぁと思っていることでしょう。

煩わしい疑義のほとんどが○○ベースド疑義照会なのですが、それについては今回はあまり触れません。
怒られそうですし。

○○に何が入るのかはお察しのとおり。
小中学生向けの塾の看板とかにデカデカと表示されているあの四文字です。

薬局としてもあとで自主返還になるのは嫌なので極めて重要性の低い確認作業もおこなわざるをえな……おっと誰かきたような気がするので、話を変えます。


疑義照会です。

SNSとかでも、ちらほら"文句"という形でポロリと実例があがってたりするようなしないような…

医師「○○処方したら薬局から疑義きたんだけど!!そんなことも知らないのか!」
薬剤師「こんな処方間違いがあった!!」

どっちもどっちであまり気分のいいものではないですが、勉強になったりするご指摘もあるかもしれないですね。

では、完璧な"疑義照会"しか行わない薬局ってあるのでしょうか?

完璧な"疑義照会"ってそもそもなんでしょう。

自分は完璧なものなどないと思います。
(というか、Drによって"完璧"の定義が異なる…)

え?そんなことはないって??
もちろんある程度の精度の差はあるでしょう。ですが、「完璧」はありません。
見落としてしまうことは誰にでもあるから完璧ではないってこと?と思われる方もいらっしゃるかもですが、そういう意味ではありません。


疑義照会とはスクリーニング検査みたいなものです。

検査は一概に「精度が高い・低い」とは言えないですよね?

検査には「感度」と「特異度」があります
(これらのワードはこのブログの読者さまは知っているものとして話を進めます。)

処方せんのうっかりミスを"病気"だと考えていただければイメージしやすいでしょうか。

たとえば、
医師「あの薬局はほんとくだらない疑義がないよね。本当に間違ってるところだけ指摘してくるよ」

これって感度が高いのではなく、感度を少し下げてでも特異度を高くして、疑義照会をしているのです(その病院には怖いDrがいるんですかねぇ)。
「若干、ひっかかる部分があるものの、これは"あえての"処方だと判断して疑義照会しなかった内容が実は間違いだったという可能性」をわずかながら孕んでしまうことになります。

一方、
医師「あの薬局はいちいち凄く細かいことまでわざわざ確認してくるんだけど、こんなわかりにくい処方ミスも指摘してきたよ。」

これは徹底的に感度を上げています。特異度を下げているので、「そんなことで疑義してくんじゃねぇ!」とDrから怒られるような内容でも念のため疑義照会で確認をとっているため、わかりにくいミスも防げます。万が一のミスを確実に食い止めるため、怒られるかもしれないというのを承知で感度を上げているんですね。


とても極端にたとえてしまったので、実際はそんな単純ではないのですが、ざっくりと伝わったでしょうか。
感度も特異度も100%の疑義照会はないのです。
「うっかりミス」なのか、「あえての処方」なのかを、確実に見極めるのは不可能だと思います。患者さんからの情報も曖昧ですしね。

ちょっと極論で語ってしまいましたが(極論で語る疑義照会!?)、なんとなくそういう部分もあるなぁって気がしませんか?

このような意味合いで、"完璧"な疑義照会はないと前述しましたが、個人的には"完璧"な疑義照会は、感度が高い疑義照会だと思っています。処方ミスなんてしないから些細な確認はやめてくれというDrにとっては、感度が高い疑義照会は迷惑極まりないんでしょうね。

Drにとっては迷惑かもしれませんが、万が一ということもあるので、個人的には感度を高めたいと思っています(ハイリスクな薬は特に)。怒られるのは嫌ですけど大事なのは患者さんですからね。

悩ましいのは漢方ですね。いろんな効能が入り混じって、さまざまな使い方があるので、微妙に主訴が異なるような気がするけど、そういう使い方もあるよなぁ…と悩みます。どーもひっかかるので、特異度低いけど念のため疑義しとくか!(処方間違いじゃなかったら怒られるかも!?ドキドキ…)→フタを開けたら間違いでしたー。みたいなことけっこうありますからね。

もちろん医療機関によってさまざまです。あそこは絶対処方を間違えないなぁっていう医療機関もあります。
あっ!別に処方入力ミスをする医療機関をディスってるわけではないですよ!人間だからミスは起こりえます。それを防ぎたくて細かい疑義をしちゃうかもしれないけど、それであからさまに機嫌悪い態度とられたら悲しいということです。
同じ医療従事者同士、仲良くやりましょうよって思うんですけど、いろいろ難しいですよねぇ。。。

まあ、そんなことより、○○ベースド疑義照会をなんとかしたいですよね。日本中の医療者の時間をなんだと思って……おっと誰か来たような気がしますので今日はここまで。


今回の内容、「はぁ?コイツなに言ってんだ!?」といった批判の声が殺到しそうな気もしますが、極論で語ってみただけですのでお手柔らかに。

ふと、昔、ラジオでトリッキーな発言を連発してたダウンタウンの松っちゃんが言ってたことが頭によぎりました
「こういう考え方もあるよっていうのをおもしろおかしくしゃべってるだけなんやから、そんな目くじら立てて怒んなや」
わかる、わかるよ松っちゃん!
疑義照会の感度と特異度ってなにわけわかんないこと言ってんだ自分って自己ツッコミしながら書きましたからね。まあダウンタウンと違って面白くはないですけどね…。

音楽の話をしよう ~あなたのFinal Songはなんですか?~

何年か前に、とても印象的だったコンピレーションアルバムがありました
レーベルはGET PHYSICAL
名だたるDJの選曲で構成されているのですが、そのコンセプトは…?

diskunion.net

『あなたは死の直前に誰のそして何の曲を聴きたいですか?』

興味深いテーマですね。
かっこいい曲、アガる曲、オシャレな曲などさまざまな選曲でコンピが出されていると思いますが、いまだかつてこんなセレクトがあったでしょうか。
死ぬ間際に聴きたい曲はやはり特別な思い入れがあるに違いないということで、著名なDJ・ミュージシャンのセレクト(選ばれたジャンルはバラバラ!)で構成されています。

選曲をみてみましょう。

Laurent GarnierRadioheadの曲を選んでます。これは意外…

ガルニエはSpace Lab Yellowという西麻布の伝説の箱のクロージングパーティでのプレイが鮮明に記憶に残っています。
大好きな箱が閉店するので絶対行きたい!と思ってたのに、日曜当番で仕事…。
最後の土曜の夜のパーティは朝になっても終わらず、自分が働いている間もまだまだ終わらず…笑
おいおい、マジか!と思ってたら、仕事終わってもまだまだDJが回しているという情報をSNSで得て、都内へ直行!
「もう関係者しか入場できません」て言われてしまい…。同じく入場できずにいた知らない人と、「マジすか…せっかく来たのに入れないんすね」て途方にくれてました。その人もDJでしたが、Yellowとコネがないって…。なんとしても入れないものかってねばってたら、コネがあるぜんぜん知らない人が声かけてくれて、友達ってことにして一緒に入れてくれました!

ガルニエも回してて、最後の夜だっていうのに、アゲまくってて楽しかったです。Song2とかかけてましたからね。フロア爆発して床が揺れてたような気がする…w

このクロージングパーティ、2日目の夜にさしかかってもまったく終わる気配がなくそのまま朝まで続きそうな勢い!自分は翌日の月曜も仕事だったので、悔し涙を流しながら終電で帰りましたが、結局、朝まで続き、30時間にも及ぶ壮絶なラストとなったようです。いやぁ、凄いクラブでしたね~。

えー、だいぶ脱線しましたが、ガルニエがRadiohead好きというイメージはなかったので驚きました!
Radioheadは自分も超大好きなので共感~~


Richie HawtinはLinkのAmenity

やっぱりリッチーはテクノ大好きなんですね。自分はLinkのことははじめて知りました。90年代のすっごく古い曲ですが、パーティの終盤でかかったらいい感じになりそうなキレイ目なテクノです。

リッチーは日本酒大好きな日本好きのDJで何度も何度も来日してますね。
Wombとのつながりが強く、幕張でWomb Adventureをやってたときはメインでやってました。
WOMB ADVENTURE2008のContaktが凄かった!

www.youtube.com

Minusという彼のレーベルのクルーを従えて、ブースにDJが4~5人並ぶという圧巻のステージ
みんなの前にPCがあり、どんどんアップしてくる曲をリッチーがコントロールして流すというすごいプレイでした。
この夜がリッチーのベストアクトですね!
いや、伊豆のメタモのときも凄かったけど!


Ricardo VillalobosはInti Illimani

リカルドは前回もご紹介しましたね。
天才中の天才です。
彼は出身が南米のチリで、母国の民族音楽をFinal Songとして選んでいます。
やはりルーツといいますか、特別な想いが込められているように思います。
リカルドは自身のレーベルでも民族音楽をサンプリングして現代に蘇らせるような試みをちょくちょくやってます。盟友Lucianoもよくやってますね。民族音楽は本当に素晴らしく、使える音源の宝庫だと感じています。ミニマルハウスとの相性は抜群だと思います。

RV* vs. Los Updates / Reboot - Baile / Caminando (Vinyl) at Discogs

リカルドのヴァイナルオンリーのレーベルからリリースされたCaminandoとか最高です。
民族音楽の素晴らしさを現代に知らしめたベストトラックですねぇ~。



さて…、
脱線しすぎましたが、Final Songです。
みなさん、誰にでもFinal Songはあるんじゃないかなと思うのですが、どうでしょう。
自分の中ではだいぶ前から決定してます。というか本当に自分が危篤になったら、そっとヘッドホンを私の耳につけて、この曲を流して欲しい。遺言じゃないけど、どこかに書き記しておきたいくらい。
というわけでここに書いておきます。

自分のFinal Songは、

Sigur Rós - Untitled #1 (A.K.A Vaka)

www.youtube.com

これですね。
ぜったいにこれ。

自分の生涯ベストアクトは、2016年のフジロックでのSigur Rósです。
もう圧倒的、ぶっちぎりのNo1です。

今までも何度もシガーロスのライブには行ってますが、一番好きなこのVakaという曲をライブで聴いたことがなかったんです。
いつか聴きたいなぁと思っていたところで、2016年のフジでこの曲が流れて、もう言葉では表せない感動がありましたね。
おそらく人生最大の涙腺決壊でした。
2017年の国際フォーラムでのライブも最高でしたが、やはりフジロックのほうが尾を引きましたね。

家に帰ってからもこの曲を聴いて泣いてましたから…。自分はちょっとヤバいんじゃないかと本気で心配になるくらい涙腺が壊れましたね。

この曲は、生と死を同時に連想します。
終わりと始まりを同時に味わったような…
うーん、言葉にはできないですね。音楽を言葉で表現することほどバカバカしいことはないのでやめておきましょう。

とにかく、この曲を聴きながら最期を迎えたいと本気で思っていますが、今、医療現場で音楽を取り入れるっていうのはあまりないんじゃないでしょうか。
音楽療法はしばしば話題になっていますが、最期にその人が好きだった音楽を聴かせてあげようなんていう発想はあまりないですよね。
それはとても素敵なことのように思えるんですけど、どうでしょうか。。。

私自身、終末期医療とはまったくかかわりのない現場にいるので、終末期というのがどんな状況かほとんど知りません。
最期に音楽をなんて言ってる状況じゃないよって話かもしれませんが、どんな最期を迎えるかというのは、寿命を1分1秒でも延長させるといったことよりは重要な気がします。自分は音楽が好きなので音楽の話になってしまいますが、人生の最後にその人がとても好きだったものに触れさせてあげるというのは良いことなんじゃないかな…と思えるんですが、いろいろと難しいですかね。

なにはともあれ、自分は最後の最後まで音楽に触れていたい。
シガーロスのVaka意外にも素敵な曲はたくさんありますからね。
Four TetのAngel Echoesとか、BjorkのI've Seen It Allとか…。

では最後はこの曲でお別れしましょう

Radiohead - Reckoner。

www.youtube.com

音楽の話をしよう!!

このブログをはじめたころからDJ機材にほとんど触らなくなり、埃をかぶってしまって物寂しい有様。
コンスタントにつくっていたMIXの作成もパタリとやめてしまい、曲を漁ってMIXをつくるかわりに、文献を漁って医療記事を書くというありえない方向転換を誰が予想したことでしょう。

つまらなすぎるので、久しぶりにMIX録ってるんですけど、選曲のセンスが崩壊しているのはブランクのせいでしょうか。DeepでキレイなMIXを録ろう!とつくりはじめたものの、まったく違う方向へ流れていって、後半にさしかかってAkufenの曲へ。

いつもこういう展開にしようとある程度決めているものの、どう転がっていくのかまったくわからないのがおもしろいところなんですが、Akufenの曲が凄すぎて、このあとどう展開していけばいいのかと…。

じっくりAkufenを聴いて、あらためて唯一無二の凄さだなと思い知らされて、このブログの読者さんは誰一人興味がないであろうAkufenについて語ろうと思います。

天才Akufenのサンクラのページはこちら!
Akufen | Free Listening on SoundCloud

Akufenといえばやはり「My Way」でしょう。2002年発表のこの作品は個人的には発明だと思っていて、こんなものは前例がなかったはず。
My Wayの中で一番有名なのは「Deck the house」かな?

Akufen - Deck The House at Discogs
↑試聴もできます

ほら!どうだ!このマイクロサンプリングと呼ばれるズタズタに切り刻まれた音を再構築してhouseに落とし込んでいくの超かっこいい!
こういうのをマイクロハウスとか呼ばれてたりしたみたいですが、ジャンル名なんてどうでもいいんです。AkufenAkufenだから。
Fabricシリーズにも参加してMIXを出してますが(Fabricのも最高!)、Akufen名義のアルバムは「My Way」だけ。ときどき発表するEPがまた最高なので、ファンとしてはひたすら正座して待つのみ。

作品だけではなくLiveもかっこよくてめちゃくちゃ踊れます。
が…、好きなときに仕事を休める国に住んでいないため、最近はAkufenのLiveにはぜんぜん行けてないです。
今年、来日したんですけどね…。

昔、代官山のAirで演ったときに聴きましたが最高でした。
じわじわハメてくる感じで、最初は「あれ?」と拍子抜けしてたら、いつのまにかどっぷり漬かってて友達とヤバいヤバいと踊り狂いました。
小箱でAkufenを聴くという贅沢。またクラブで演って欲しいなぁ。


そして、もう一人、音楽を語る上で絶対外せないのがRicardo Vlillalobosでしょう。
この人は天才っていうか変態です。

いま、つくっているMIXでも彼の曲は使いましたが、やはり異彩を放ちますね。特別かわった音を出しているというわけではないのに、圧倒的な存在感がある。本当に凄いです。

彼の頭がぶっ飛んでるっていうのを世に知らしめたのがヴァイナルオンリーの「Enfants」かな?と思います。
Ricardo Villalobos - Enfants (Vinyl) at Discogs
他にも怪作は山ほどあるのですが、「Enfants」はなんと児童合唱団のサンプリングとピアノのリフレインで構成されており、ミニマルな展開にあっとういう間に異世界にブッ飛びます。

Moritz Von Oswald TrioのMax Loderbauerとの共作もヤバいことになっています。
Ricardo Villalobos & Max Loderbauer Feat. Tea Time & Azeem - Turbo Sematic EP (Vinyl) at Discogs
これめちゃくちゃヤバくないですか。理想の音です、これは。
クラブでこんなのが深い時間に落とされたら、フロアの空気が一変しますね。ヤバすぎる!

うーん。やっぱRicardo Villalobosが一番好きかも。最高すぎるので、Ricardoの曲オンリーでMix録ろうかなぁ。

そういえば最近、まったく来日してくれないんですが、来年のタイコに呼んでくれないですかねぇ。タイコのラストを飾るのにふさわしいDJだと思うんですけど…。
メタモもタイコもなくなってしまったらもうどうすればいいのか…という感じですが、おとなしく仕事してろってことなのでしょうか。
9月はちょっと楽しげなイベントがあるので絶対行きたいって思ってるんですけど、それが終わったら何を楽しみに過ごせばいいのか…。

いやもう仕事とかなにもかもぜんぶ放り投げて、曲を掘りまくってひたすらMIXして音楽の世界に没頭したいです。