pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。また、無断転載はご遠慮ください。

さくらももこ劇場「コジコジ」全巻セットを購入した!


コジコジのブルーレイ全巻セットを購入しました!
黒と白のパッケージの全2巻、50話ずつ入っていて、全100話!
これでコンプリート!

コジコジについては以前とりあげましたね
ph-minimal.hatenablog.com

公式チャンネルはこちら
さくらももこ劇場 コジコジ

無敵の生物コジコジの生き様はほんとすばらしいですね
無邪気というか天然というか…
無邪気であるがゆえのボケっぷりと毒舌のスペシャルミックスって感じで、メルヘンの国を舞台に繰り広げられる独特の世界観に虜になること間違いなし。
ところが、けっこうハッとする場面も多いんですよね。

やっぱり正月スペシャル回の
「正月君の活躍だ!」
が印象的です。

ぜひ見てほしい!

正月の精である正月君(見た目はふつうの人間)は、正月になるとメルヘンの国を飛び回って正月ムードを与えるという重大な仕事があります。
空を飛んで、ただ飛び回るだけなんですが汗。
正月君がいないと、おめでたい正月ムードが訪れず、国中が暗~い正月となってしまうのです。
ただ、空を飛び回るだけなんですけどね…

ところが、正月君が急に空を飛べなくなってしまうのです!

きっかけは、「正月なんてどうでもいいよな」ってしゃべってる人たちの声を聞いてしまって、それが心のどこかにひっかかってスランプになってしまうんですね。

半魚鳥の次郎君はがんばっていろいろはげまそうとします。
「ためしに笑ってみなよ」って無理やり笑わせてみたり、正月をディスってるやつらは少数派なんだから気にするなとか、いろいろ助言するんですけど、正月君はスランプのまま空を飛べない
コジコジは空を飛べるので、コジコジが正月君を背負って飛べばいいんじゃないかという案も出たのですが、コジコジの小さい体では背負うことができず断念。

おおみそかの夕方、もう時間がない!
あれこれ手を尽くしても空を飛べない!

正月君は跪いて絶望します。
「ああ、もうおしまいだ。どうしたらいいんだ。あんなことくらいで飛べなくなってしまうなんて。なんて情けない男なんだ」と。

そこでコジコジが声をかけるのです。
「正月君…正月君…。」
そして、正月君にいつもの呑気なトーンで話しかけます。

「○○○○○○○○○○○○」

その一言に、次郎君は怒ります
「いいかげんなことを言うな!」と。

しかし、コジコジはぶれません。
素直に思っていることを正月君に話しかけます。

次郎君は怒ってますが、正月君は「ハッ」として、気持ちが楽になるんですね。
こちらもハッとさせられます。
そして、正月君の心のひっかかりはいつのまにかあっさりとけて、ふわっと体が宙に浮いていくのです!

大昔にこれを見たときは何も感じなかったんですけど、今、見ると、ハッとしますね。びっくりしました。
コジコジの適当で呑気なキャラを生かしたすごい展開でした。

これは多くの人たちに見て欲しい回です。
さくらももこさんってほんとにあたたかい人だったんでしょうね。

ねこでも読める医学論文 第8話「抗アレルギー薬のテープは有効?」 地域医療ジャーナル2019年4月号 vol.5

cmj.publishers.fm

4月号が発刊されておりました。

自分の連載「ねこ読め」では「エメダスチンテープ」を取り上げました。
花粉症シーズンにギリギリすべりこんだ感じですね。


さて、なにやら新しい企画がはじまったようです。
cmj.publishers.fm
詳細は上記リンクをご確認ください。
こちらは非会員でも無料で閲覧できます。

エビデンスを出すから、エビダス
覚えやすいですね。

相談内容をツイッターでツイートすればOKのようです。
ぜひご活用なさってはいかがでしょうか?


ところで、、、
いずれ、このようなシステムはAIが代行するようになるのかなぁという気がしています。
AIって、そういうの得意でしょう。

スマホに向かって話しかけるわけです。Siriみたいな感じで
「ヘイ!!女の子にモテるようになるにはどうすればいいかな?なにかエビデンスはないのかい?」
「そんなエビデンスはありません。」
「(-_- )……。」

音楽の話をしよう Bonobo DJ set@Liquidroom

2019年、最初の衝撃はBonoboのDJ setでした!

先日のブログで忙しくなるって言ってたのに、なに遊びにいってんねん!て思われるかもしれないけど、前売り買ってたのでね。
電車の中ではプチ仕事してたし…、まあ許してって感じで。

さて、BonoboのDJなんですがロングセットって書いてありましたが、せいぜい2~3時間で終わりかなぁって思ってたんですよね
ところが25時にはやくもBonobo登場、そのままラストの朝5時まで怒涛の4時間のロングセット
休ませる暇を与えない完璧な内容でしたね。

もうほんとびっくりした!かっこよすぎて!
朝になってもお客さんは踊り狂っていて、フロアはほぼ満員のままラストまで盛り上がりまくってました。

ここ数年、DJ setでこれほどの体験ってないですね。
Bonoboおそるべし…。

当然のことながら2019年ベストアクト確定
2019年はBonoboを超えられるのか!?っていう1年になりますね。
これを超えることができるのはケミカルブラザーズかJames Blakeか…!?