pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

吸入ステロイドICSとうがい

Absence of gargling affects topical adverse symptoms caused by inhaled corticosteroids in females. - PubMed - NCBI
J Asthma. 2014 Mar;51(2):221-4.PMID:24147582
Objective
ICSによる局所の有害事象は女性の方がよりコモンだと疑われている。
(へぇ~、そうなんですかぁ)

ICSの有害事象の防止として、吸入後のうがいや口の洗浄(gargling or mouth washing)がゴールドスタンダードとして推奨されているが、その予防効果はリアルワールドにおいて確認されていない。
(ふむ、まあそうなのかな)


日本製薬協会の薬剤イベントモニタリング(DEM)プロジェクトのデータを分析
(へえ~、そんなプロジェクトが…)

P:吸入ステロイド使用患者412 males and 480 females
 DPI 71.2%, pMDI with (7.5%) or without (16.6%) a spacer or inhalation solution (4.7%)
E:gargling or mouth washing
C:なし
O:Topical adverse symptoms(hoarseness嗄声, stomatitis口内炎,dry mouth口渇)

Topical adverse symptoms occurring after previous prescriptions were reported by 41 (4.6%) subjects

嗄声1.3%、口内炎1.1%、口渇1.1%

吸入後のgargling or mouth washingを行わないと、局所有害事象のリスク上昇
adjusted odds ratio (OR): 3.75(95%CI 1.33-10.59, p = 0.012)
女性:(OR: 4.32, 95%CI: 1.11-16.87, p = 0.035)
男性:(OR: 3.26, 95%CI: 0.65-16.33, p = 0.151).

バイスごとの、吸入後”うがい無し/口をすすがない”と局所有害事象の関連
DPI (OR: 4.85, 95%CI: 1.66-14.14, p = 0.004), but not in those using the other devices
other devices:有意な関連はない。

ええ~~、ほんとですかぁ??
他のデバイスは症例数不足だっただけでは?って気もしますね。
ほとんどがDPIですから。

フルテキスト読んでみたいところですが、このようにうがいの重要性を定量的なデータとして算出するのは大事でしょうね。
RCTってわけじゃないですけど…。

吸入デバイスについては、
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 Vol. 25 (2015) No. 3 p. 337-344
このあたりも勉強になりますね。
だって、日本語だし!!!!!

その根拠はあきらかではないですが、
・吸入直後にうがい。ガラガラうがいとプクプクうがいを5秒ずつ。最低2回以上くりかえす。これで口腔や喉に残存する薬剤は除去できる
・吸入前に水を飲むなどして、口の中を湿らせるとうがいの薬剤除去率が高まる(そうなの!?)
・食前に吸入するのもアリ。食事で除去できるから
・吸入速度がはやすぎると声枯れがおきやすくなる
嗄声は、ディスカス > タービュヘイラー > エアロゾル

患者さんへの指導の参考になりそうです。



酒を片手に、さきほど更新した記事に書いたBeckのDreamsをバックに踊りながら、このICSとうがいの記事を書きましたので、かなり酔っ払ってきてもう限界なのでこのあたりにしておきます。
誤字脱字あるかもなので、原著をご参照くださいね!

音楽の話をしよう BECK!!!!!

台風きてるみたいですが、台風なんかよりも重要な大物が日本に来ますね。

その名は、
BECK!!!!

最近、四つ打ちばかりで、いわゆるロックっていう感じのやつはぜんぜん聴いてなくて、せいぜいRadioheadとかSigur Rosみたいなのしか追っかけてこなかったんですが、ひさしぶりにBeckを聴いて、鼻血出そうになるほどかっこよくてびっくりしました!

BeckといえばOdelayが最高!ていう印象で、ここ最近はまったくスルーしちゃってたんですが、やっぱこの人、天才だわ!

Beck - Dreams (Official Audio) - YouTube

あああーーー!!!!もうかっこよすぎる!
ひさびさに火が着きました!

これ、超かっこいいでしょ!

勉強とか仕事とか、ほんとどうでもいいから、Beckを聴こうぜ!
ほら!片手に抱えてる医学書も論文も投げ捨ててBeckのDreamsを聴くんだ!

来週のライブ行く人、羨ましすぎて泣きそうです!
でも台風きてるんですよね…。台風、マジでクソうざいですね。
BECKのライブ行く人のために、台風消えろ!!!!

そして、仕事で行けないわたくしのために、また来日してね、Beck!ほんと頼むよ!

音楽の話をしよう Sven Vathという男

先日、薬剤師よ立ち上がれ!みたいな話に乗っかったはいいものの、すぐにつまずいて転倒し、アスファルトとの激しい接触により身動きできないでいる今日この頃。

先日、薬剤師ブロガーのふーた先生がブログを引越しして、私のブログもご紹介いただきました。
wruskniph.xyz

ふむふむ。なるほど。音楽の話ですね。
りょーかいです。
医療系ブログはぞくぞくと増えてきてるみたいですし、そんなまじめな話は他の誰かに任せておいて音楽の話をしましょう。

今年もきました。
Sven Vath

Svenの凄さは、彼のMIX CDを聴いても、その全貌は知ることができません。
クラブのフロアで体験して、はじめてSvenの凄さがわかるんじゃないでしょうか。

で、Svenの何が凄いかって??

…シーン…

わ、わからない!
言葉で説明できない!!

とにかくヤバいんです!としか…
これは自分のボキャブラリーの貧困さによるものなのか!
否!
Svenのヤバさは、言葉なんかで表現できるものではないのです!

フロアに集まった人たち、全員最高なんです!
ライブもクラブのパーティも、やっぱりお客さん込みで作り上げられるものだと思うんですが、Svenのお客さんは良くも悪くも狂ってるので、Svenが繰り出してくる音にヤラれて、盛り上がって、Svenもそれに音で応えて…、あっというまにヤバい空間ができあがるっていうやつですね。あとはもうSvenの意のままにぶっ飛ぶといういつもの展開。

友達とも話してたのですが、Svenのパーティは絶妙なんですよね。
チャラすぎるパーティはちょっと嫌ですし、もっとアンダーグラウンドのパーティだったらディープすぎて、知らない人たちとウェーイって盛り上がれるような空気でもない(もちろん、これはこれで最高なんですけど。昔の西麻布の某クラブとかね)。
チャラすぎず、ストイックすぎない絶妙なバランスがそこにあるのです!
やっぱり友達と遊びにいくなら、知らない外人さんとハイタッチするようなノリがいいパーティのほうが楽しいですよね。

あと、お酒好きな方、このお酒ご存知ですか?

コカレロショット!!!

これ、ヤバいです。
いままで、ショットといえばテキーラかイエガーでしたが、クソまずいじゃないですか。まずいけど、ぶっ飛ぶから飲むわけですよね。
でもね、コカレロはめっちゃ飲みやすいんです。
なので、歯止めがきかずに、ちっちゃいお酒(a.k.a.ショット)を飲みすぎて即死コース。これ、危険。
クラブ行ったら、ぜひコカレロを飲んでみて欲しいですね(どんな酔い方をしても当ブログは一切の責任を負いませんのであしからず)。


さて、このブログの読者さんにとって、まったく需要のない記事をふーた先生のために書きましたよ。
SvenみたいなDJが好きな医療関係者ってほとんどいないのかなぁ…?
四つ打ち大好きな医療関係者さんとお近づきになりたい今日この頃ですが、そんなこと言ってないで勉強しろって話ですよね。

まあ、そうはいっても息抜きは必要なので、たまにはDJの繰り出す音に酔いしれたいなぁと思います。
最近、ハウスとかテクノのパーティでお客さんが集まるのってあまりないので、Svenは特別ですよね。
というわけでSven Vath、来年も待ってるよー。