読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

オルメサルタンによるスプルー様腸疾患

いまさらですが、テレビ「ドクターG」でも紹介されたことですし、この文献を。
Severe spruelike enteropathy associated with olmesartan. - PubMed - NCBI
Mayo Clin Proc. 2012 Aug;87(8):732-8.
オルメサルタンによる原因不明の腸疾患のケースレポート
2008年~2011年、Mayo Clinicにて22名のオルメサルタン服用患者の原因不明の慢性下痢を評価

患者22名(女性13名)の年齢の中央値は69.5歳(47~81歳)
慢性下痢と体重減少(median -18kg[-2.5 to -57kg])
14名が入院を必要とした。

オルメサルタンの投与量:ほとんどの患者が1日40mg(range 10-40mg)

オルメサルタン投与から下痢発症の期間を14名の患者のデータより算出
平均3.1年(0.5-7年)、うち5名は1年以内に発症

<随伴症状>
吐き気Nausea/嘔吐vomiting:15名(68%)
腹痛abdominal pain:11名(50%)
鼓腸bloating(ガスがたまり腹部膨満):9名(41%)
疲労fatigue:15名(68%)

腸の生検によると、
15名に絨毛萎縮および粘膜の炎症がみられ、
7名にコラーゲンの沈着(コラーゲン性スプルー)がみられた。

<中止後の経過>
オルメサルタン中止によりすべての患者において臨床応答あり
体重増加 +12.2kg (range 2.9-28kg)
フォローアップされた患者18名すべて組織学的な病変も改善


ドクターGの症例では、絨毛萎縮による吸収不良症候群をきたし、ビタミンB1欠乏→ウェルニッケ・コルサコフ症候群(ADと違い作話が目立つ)を合併しており、たかが下痢ではすまされない有害事象といえます。
薬の中止だけで改善するのかという点ですが、
Systematic review: Sprue-like enteropathy associated with olmesartan. - PubMed - NCBI
Aliment Pharmacol Ther. 2014 Jul;40(1):16-23
こちらのレビュー(全54名)でも報告されているとおり、基本的にオルメサルタンの中止ですべての患者が改善しています。


オルメサルタンは他のARBと比べて下痢が多いか?という点については、
他の降圧剤と比較したケースコントロールスタディが同じくMayo Clinicより報告されています。
Olmesartan, other antihypertensives, and chronic diarrhea among patients undergoing endoscopic procedures: a case-control study. - PubMed - NCBI
Mayo Clin Proc. 2014 Sep;89(9):1239-43.
50歳以上の内視鏡検査を行った症例を解析(2007年~2013年)
検査を行う原因疾患でケース/コントロールを分類
ケース:下痢
コントロール:
食道胃十二指腸内視鏡検査(EGD;esophagogastroduodenoscopy)においては食道逆流esophageal reflux。
大腸内視鏡検査(colonoscopy)においては大腸がんのスクリーニング

オルメサルタンと他のARBと比較して、
EGD:OR1.99(95%CI 0.79-5.00)
大腸内視鏡検査:OR0.63(95%CI 0.23-1.74)

統計的には有意差はないという結果。
オルメサルタンによるスプルー様腸疾患はごくまれな有害事象ではないかとconclusionで述べられています。


統計的にはほとんど差はみられないようなごく稀な有害事象でも、目の前の患者さんで起こりうる可能性もあるので、頭に留めておく必要がありますね。