pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。また、無断転載はご遠慮ください。

大建中湯の術後イレウス予防効果は?(コクランレビュー20128)

なんか社内勉強会らしきものをやったりしてるみたいなんですが、今度、漢方をテーマにやるらしいんですよね。

MRさんとか呼ばずに自分たちでやっちゃいたいので、やべー勉強しなきゃって感じなんですが!漢方わけわからん。


メーカーさん呼んだら、漢方サイコー!て話になるんでしょうけどね。


やっぱエビデンスベースでやりたいところ。


個人的には漢方で鉄壁のエビデンスといえば、術後患者さんに対する大建中湯なんですが、調べてみると…


あら!?コクランレビューが最近発表されてるじゃないですか!

 

Daikenchuto for reducing postoperative ileus in patients undergoing elective abdominal surgery.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29619778

Cochrane Database Syst Rev. 2018 Apr 5;4:CD012271.

 

言語制限なしで、さまざまなデータベースを用いて文献探索

UMIN Clinical Trials Registry (UMIN-CTR), ClinicalTrials.govあたりもチェックしており、未公表の研究もチェックしている模様。

 

選定基準;RCTのみ

 

<結果>

7RCT、計1202

そのうち4つはバイアスリスクが低く、3つは高い

 

<術後、最初の放屁flatusまでの時間

平均11時間短縮(2試験、症例数83名、エビデンスの質はvery  low

mean difference (MD) -11.32 hours, 95% confidence interval (CI) -17.45 to -5.19; two RCTs, 83 participants; very low-quality evidence

 

<術後、最初の排便までの時間

9時間短縮の傾向だが有意差なし(4試験、症例数500名、エビデンスの質はvery  low

(MD -9.44 hours, 95% CI -22.22 to 3.35; four RCTs, 500 participants; very low-quality evidence)

 

<術後、通常の固形食再開までの時間>

有意差なく、ほとんど差はない。

MD 3.64 hours, 95% CI -24.45 to 31.74; two RCTs, 258 participants; low-quality evidence

 

<薬剤関連有害事象>

有意差なし リスク差ゼロ(有害事象を報告している5つの試験より)

risk difference (RD) 0.00, 95% CI -0.02 to 0.02, 568 participants, low-quality evidence

 

<患者満足度>

不明。MDはほぼゼロ

patient satisfaction (MD 0.09, 95% CI -0.19 to 0.37; one RCT, 81 participants; very low-quality of evidence

 

<退院するまでの術後イレウスに対する再介入>

リスク比0.99 

(risk ratio (RR) 0.99, 95% CI 0.06 to 15.62; one RCT, 207 participants; moderate-quality evidence),

 


なるほど…。

たしかに腸を動かすみたいですね。術後の放屁や排便は早まるのかな…?

エビデンスの質は低いみたいですが…。


イレウス予防の効果はわかりませんね。発生率自体が低いんでしょうね。信頼区間の幅がめちゃ広い。


さて、これは長期服用する意義はどうなんでしょうね…。


あ、お昼休み終わる…orz

よってブログから離脱!!


急いで書いたので翻訳ミスがあったらご指摘お願い致しますm(__)m



追記

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/29061775/

こんなのも出てるみたいですー

こちらはイレウスの予防を示唆する結果みたいですね