pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

音楽の話をしよう Âme - Rej

先日、SNSで論文の被引用数がどうのこうのっていうやりとりが流れてきました。
たくさん引用されるとイイ感じってことでしょうか。アカデミックな世界もいろいろあるんだなぁと眺めていたのですが、やっぱり音楽と似てるなって思ってしまいます。

以前、論文を引用して医療ネタのブログ記事を書いていた頃、「DJ-MIXをつくるのと似てる」とSNSで発言して、「なにわけわかんないこと言ってんだ、てめえ」みたいな感じの空気になったとかならなかったとか…。

そのときのことを思い出しました。

やっぱり似てますよね。

論文を引用して医療について書くのって、曲を集めて繋げてMIXをつくるのと似てます。


論文の被引用数が~っていうのは、自分のつくった曲がどれだけ大勢のDJにSpinしてもらえるかってことですよね。
やっぱり大勢にかけてもらえる曲はイイ曲!

てなわけで、今回は最強の被引用数を誇る名曲をご紹介。

www.discogs.com

Ameの"Rej"です
もう超超超有名。
世界中のフロアでこの曲がかかり、世界中の人々を踊らせたのです。

AmeはFrank WiedemannとKristian Beyerによって結成されたDJユニット。
といっても一緒にプレイすることって自分の知る限りではあんまないですね。曲をつくるときに一緒につくってるのかな。

2005年当時、けして有名ではなかったAmeは、このRejという1曲だけで、世界のトップクラスまで一気に登りつめました。たった1曲だけ、すんごい曲をつくれば有名になれるって凄い!実力主義って感じですね。DJはいかにすごい曲を先取りしてプレイするかってのも重要ですから、本当にいい曲はあっという間に世界中に広がります。このRejという曲はありとあらゆるトップDJを唸らせ、ジャンルの垣根を越えてヘヴィープレイされました。今、聴いてみても、ぜんぜんいけます。10年以上前の曲とは思えない。
"被引用数"は間違いなくトップクラスでしょう。

3~4年前にリリースされたこの曲のRemixも素晴らしかったです。
www.discogs.com

いいですねぇ。
ぜひ、フロアで聴きたい!
ただ、Ameはちょくちょく来日してますが、いつも金曜日のパーティに出演するので、土曜日にやってくれ!とお伝えしたい。
土曜日は仕事ですから…涙
金曜の夜はちょっと…。