pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

音楽の話をしよう The xx @ 幕張メッセ

ライブに行ってきました。

The xxの単独公演がなんと祝前日の日曜日に開催されると知って、行くしかない!と思ってチケット即購入。
いやあ、オーガナイザーの方々、わかってらっしゃる。平日開催だと厳しいですが、このスケジュールなら行けます!

この英国のバンドThe xxはスリーピースで、ギター、ベース、DJという構成。
DJのジェイミーはJamie XXという名義でRemixなどを発表してて、自分もDJ mixを録るときにJamieの曲を使ったりします。
個人的にはフジロックにThe xxとして来てもらって、深夜のレッドマーキーでJamie XXのDJセットが聴きたい!
そういえば、去年のフジにもThe xx来たんですよね。金曜だったので自分は行ってないですが、野外でのThe xxはさぞ良かったんでしょうね~。

さて、初めてのThe xxだったんですが、思った以上に良かったですね。
ふつうに涙腺決壊してました。

ライティングをうまくつかって、ステージの両サイドの壁に、ベースのオリヴァーとギターのロミーの姿がシルエットとして浮かび上がる演出がかっこよかった!

The xxがどんな音楽をつくっているかについては、言葉での説明なんて意味がないですから公式のPVを。

youtu.be

いいですよねぇ。
ほら、ハンカチで涙を拭いて…。
え?泣かない?マジで…?
おかしいなぁ…(ブツブツ)。


この動画、視聴回数は2千万回くらい。
音楽業界が金銭的に厳しくなっていて、良い曲をつくってくれる人たちにお金がたくさん流れていかないのだとしたらそれは悲しいことですが、インターネットさえ繋がっていれば、こういう素晴らしい海外の名曲をフルで試聴できるというのは素晴らしいことです。
もっとちゃんと管理して、再生回数に応じて、アーティストにもっとお金が入るような仕組みが出来上がればいいんですけどね。
(あっ、もちろん、このライブのあと、2017年発表のI See Youをアマゾンでポチりました)

ネットがなかったころなんて音楽情報を仕入れるのも一苦労だったのではないかと。だってテレビが流す音楽は…(以下略)
タワレコとかHMVとか、そういうところに行くしかなかったんでしょうね。ネット普及後も、一昔前はタワレコとか活気があったので、定期的に通って、試聴コーナーでいろんな音楽を聴くのが楽しみでした。今となってはCDショップで試聴といっても…、地方じゃぜんぜん駄目。渋谷とかなら楽しめそうですけど、自宅でYoutubeで探したほうがいいって思っちゃいますね。

まあ、これはこれで寂しい気もしますが、自宅にいてもさまざまな音楽が聴けるのはすごいです。自分が年老いた頃、どんな世の中になっているのかわかりませんが、簡単に音楽に触れられたらいいなと思います。
病室もしくは介護施設で、若い頃に大好きだった曲を、スマホ(その頃にはもっとすごいものに変わっているかもしれませんが)で聴けたらいいなぁなんて思います。
今回の幕張でのThe xxのライブを思い出しながら、"On Hold"を聴いて涙腺決壊して、「ちょっ…どうしました!?○○さん、痛いんですか?苦しいんですか!?」て看護師さんに声をかけられたりして…。