pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

薬の飲み合わせ 第1回 「乳がん治療薬と抗うつ薬」 地域医療ジャーナル2018年1月号 vol.4

cmj.publishers.fm

地域医療ジャーナルです。

2018年1月号ということで自分はテーマを決めて連載を開始しました。
そのテーマとは、タイトルのとおり「飲み合わせ」です。
ひたすら飲み合わせについて書いていきたいと思います。

1月号は、タイトルを見ただけで、薬剤師なら「ああ、それな」と内容が予測されてしまいそうですが、意外と文献によって相反する結果になっていたりしてcontroversialな感じもしますね。まあ、よくあることですよね。ありとあらゆることが、controversial!!
まあ、そんことを言っても始まらないので、自分なりの考えを書かせて頂きました。

さて、2月号も書き始めていて、もうあと一歩のところまできていたのですが、なぜか原稿の最新のデータが消えており、正月休み早々、地獄の底に突き落とされた気分です。こんなことがあっていいのでしょうかッ!
否!断じて否!
まあ…、それはさておき
読者の皆様、よいお年を。。。

f:id:ph_minimal:20171230010532p:plain
↑ 原稿のデータが消えたという現実を直視できずに布団を被る筆者