pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

セルフ餌付けスケジュール

「未来が明るくて金に困っていなくて孤独じゃない社会」

…は、自殺のリスクが低いかもね、というようなお話を聞いて、なるほどなぁと。
すみません、その根拠があるのかは調べてませんが、まあ、一般論として、そういう傾向にはありそうな気がします。

未来が明るい→薬局業界は…以下略
$→とりあえず今は困っていない
孤独じゃない→……。(これは難しいな)

という感じでしょうか。

孤独じゃない状態っていうのがどういう状態なのか…、そもそも孤独しか知らない人は自分が孤独だとは自覚しないでしょうね。
孤独じゃない状態を知っているor頭に思い浮かべることができる人だけが孤独だと感じることができるのでしょう。

あ、なんか脱線しかけている気がしますので、元に戻しますと、まあいわゆる「寂しいなと思うことが少ない人たち」は孤独じゃないって感じなんですかね。
必ずしも一人でいることが多いからといって孤独だとは限らないのかも?
家庭を築いた方でも孤独だと感じているかもしれませんし。
このあたりは人それぞれですが、孤独じゃない状態を求めて、でも辿りつけずに落ちていく…というのはあるかもしれませんね。

まあ、難しい話は置いといて、
とりあえず、辛いけど、金には困ってないし…、ひたすら現状維持という人は多いかもしれませんね。
未来は暗いし、孤独だし…でもとりあえず生活していけるお金はあって…。
そして、ひたすら働くのみ。。

さてつぎにどのような問題が待っているかというと、

働くことが辛くてたまらない(全人類そうだろ!というツッコミは無しで)

みんなわかっているんですよ。生活していくためにある程度の金は必要なので、辛いから、辞めよう。とはなりません。じゃあ、お金どうする?ってなる。

ここで崩れていく人はそこそこ多いかも。辞めたあとどうする?って。
もちろん、行き着くところまで崩れ落ちた人は、辞めたあとのことなんて考えられなくて、今がどうしようもなく辛いからもう…となってしまうんだと思いますが。

さて、こうして追い詰められて徐々に徐々に蝕まれて…。そのような予備軍のような方がたくさんいらっしゃるのではないかという気もしてきます。

生活上、少しでも何か工夫できることはないのでしょうか。

エビデンスベースでないことばかりではあれなので、適当に文献を探ると、こんなものが。
Positive and negative life events and reasons for living modulate suicidal ideation in a sample of patients with history of suicide attempts. - PubMed - NCBI
J Psychiatr Res. 2017 May;88:64-71.PMID:28088052
P:自殺未遂の既往あり 338名
E/C:各種ライフイベント
O:suicidal ideation

アウトカムと負の相関があったライフイベントは、
family-related positive life eventのみ

正の相関(つまりリスク増)があったのは、健康関連のnegative life events

意外ですねぇ。仕事関連の出来事はそこまで影響が強くないんでしょうか…
負の相関があった唯一のイベントはfamily-related positive life eventですか…、一人暮らしの私はどうしたら…。まあ、そうは言っても家庭で揉めるというケースもあるでしょうから一概には言えないですけどね。

後ろ向きの解析であり一般化も難しいとアブストに記載されている通り、あくまで参考程度にとどめておきたいと思います。

個人的にはmusic-related positive events(この言い回しが正しいかどうかは知らん)についても調べて欲しい!


Life events and suicidal ideation and behavior: a systematic review. - PubMed - NCBI
Clin Psychol Rev. 2014 Apr;34(3):181-92.PMID:24534642
こちらはシステマティックレビューですが、アブストには詳しいことはなにも書かれていません。自殺念慮/自殺行動とnegative life eventsとの関連は一貫している模様。一方、positive eventsとの間に逆相関があるかというと、根拠が不足しているっぽいことが書かれています…。


暗い話になって参りましたが、個人的な話をしましょう。

自分は今月どうしても行きたいライブがあるので、そこだけに焦点を当てています。ああ、今日クッソ疲れたマジさいあく〜ってなっても前売チケットを眺めてニヤつく日々(←ただのヤベぇやつ)
もちろん、そのあとの自分の心のマネジメントとして、2月にも某ライブを予定しています。
綱渡りのように、ところどころに自分に餌を与えて進んでいくしかないのです。
自分に対するご褒美を定期的に設置していくこのやり方を「セルフ餌付けスケジュール」と名付け、これを実行することをオススメします。ゲームが好きなら、ゲーム発売日でいいですし、映画なら映画公開日、溺愛するお子さんのイベントでもいいでしょう。

嫌なことからは逃げられないので相殺するしかないですよね。
というわけで音楽関係のオーガナイザーの皆様、頑張ってください!!

※注意
楽しかったことすらもう楽しく感じない、など、普通ではない落ち方の場合には受診なさることを強くオススメします。

うつ病の症状については参考までに
ph-minimal.hatenablog.com