pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

吸入ステロイドICSとうがい

Absence of gargling affects topical adverse symptoms caused by inhaled corticosteroids in females. - PubMed - NCBI
J Asthma. 2014 Mar;51(2):221-4.PMID:24147582
Objective
ICSによる局所の有害事象は女性の方がよりコモンだと疑われている。
(へぇ~、そうなんですかぁ)

ICSの有害事象の防止として、吸入後のうがいや口の洗浄(gargling or mouth washing)がゴールドスタンダードとして推奨されているが、その予防効果はリアルワールドにおいて確認されていない。
(ふむ、まあそうなのかな)


日本製薬協会の薬剤イベントモニタリング(DEM)プロジェクトのデータを分析
(へえ~、そんなプロジェクトが…)

P:吸入ステロイド使用患者412 males and 480 females
 DPI 71.2%, pMDI with (7.5%) or without (16.6%) a spacer or inhalation solution (4.7%)
E:gargling or mouth washing
C:なし
O:Topical adverse symptoms(hoarseness嗄声, stomatitis口内炎,dry mouth口渇)

Topical adverse symptoms occurring after previous prescriptions were reported by 41 (4.6%) subjects

嗄声1.3%、口内炎1.1%、口渇1.1%

吸入後のgargling or mouth washingを行わないと、局所有害事象のリスク上昇
adjusted odds ratio (OR): 3.75(95%CI 1.33-10.59, p = 0.012)
女性:(OR: 4.32, 95%CI: 1.11-16.87, p = 0.035)
男性:(OR: 3.26, 95%CI: 0.65-16.33, p = 0.151).

バイスごとの、吸入後”うがい無し/口をすすがない”と局所有害事象の関連
DPI (OR: 4.85, 95%CI: 1.66-14.14, p = 0.004), but not in those using the other devices
other devices:有意な関連はない。

ええ~~、ほんとですかぁ??
他のデバイスは症例数不足だっただけでは?って気もしますね。
ほとんどがDPIですから。

フルテキスト読んでみたいところですが、このようにうがいの重要性を定量的なデータとして算出するのは大事でしょうね。
RCTってわけじゃないですけど…。

吸入デバイスについては、
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 Vol. 25 (2015) No. 3 p. 337-344
このあたりも勉強になりますね。
だって、日本語だし!!!!!

その根拠はあきらかではないですが、
・吸入直後にうがい。ガラガラうがいとプクプクうがいを5秒ずつ。最低2回以上くりかえす。これで口腔や喉に残存する薬剤は除去できる
・吸入前に水を飲むなどして、口の中を湿らせるとうがいの薬剤除去率が高まる(そうなの!?)
・食前に吸入するのもアリ。食事で除去できるから
・吸入速度がはやすぎると声枯れがおきやすくなる
嗄声は、ディスカス > タービュヘイラー > エアロゾル

患者さんへの指導の参考になりそうです。



酒を片手に、さきほど更新した記事に書いたBeckのDreamsをバックに踊りながら、このICSとうがいの記事を書きましたので、かなり酔っ払ってきてもう限界なのでこのあたりにしておきます。
誤字脱字あるかもなので、原著をご参照くださいね!