pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

糖尿病スクリーニング、HbA1cの特異度が低い件

最近、このネタがちょっと話題ですね。

Efficacy and effectiveness of screen and treat policies in prevention of type 2 diabetes: systematic review and meta-analysis of screening tests an... - PubMed - NCBI
BMJ. 2017 Jan 4;356:i6538.

結果だけ見ちゃいます。

HbA1c had a mean sensitivity of 0.49 (95% confidence interval 0.40 to 0.58) and specificity of 0.79 (0.73 to 0.84), for identification of pre-diabetes, though different studies used different cut-off values.
Fasting plasma glucose had a mean sensitivity of 0.25 (0.19 to 0.32) and specificity of 0.94 (0.92 to 0.96).

スクリーニングっつってんのに感度が悪いとはこれいかに。

次、特異度に着目
空腹時血糖のほうが特異度は高い。まあ、そりゃそうだろって話ですが。
で、HbA1cはちょい低くなって80%くらい。

そこで、昔の記憶がフラッシュバック
ph-minimal.hatenablog.com

2年以上前の記事ですね。
引用文献ゼロ!

HbA1cの偽性高値や偽性低値について書かれていますが、"どの程度?"という肝心のことがまったく書いてないです。

てことでPubりましょう

Effect of iron deficiency anemia on the levels of hemoglobin A1c in nondiabetic patients. - PubMed - NCBI
Acta Haematol. 2004;112(3):126-8.

iron deficiency anemia (IDA) 50名
healthy subjects50名

除外:glucose tolerance abnormalities (impaired glucose tolerance or diabetes mellitus), hemoglobinopathies, hemolytic anemia, chronic alcohol ingestion and chronic renal failure

IDA全員、鉄100mgで3ヶ月治療

治療前のHbA1c
IDA:7.4% +/- 0.8
healthy:5.9% +/- 0.5

IDA群は治療後、7.4% +/- 0.8 → 6.2% +/- 0.6 


Factors affecting A1C in non-diabetic individuals: Review and meta-analysis. - PubMed - NCBI
Clin Chim Acta. 2015 May 20;445:107-14.
こちらもおすすめ

有意差ついてないですが、ちょっと影響ありそうな気がしますね。


と思いきや、
Effect of iron deficiency anemia on hemoglobin A1c levels. - PubMed - NCBI
Ann Lab Med. 2012 Jan;32(1):17-22.
IDA治療により上昇…という逆の結果も…。


このあたり、いまいちはっきりとメカニズムが解明されていない部分もあるようです(HbA1c and iron deficiency: a review. - PubMed - NCBI Diabetes Metab Syndr. 2013 Apr-Jun;7(2):118-22)


なにはともあれ、HbA1cは血糖値以外の要因で変動することがあるのでHbA1cだけで糖尿病の診断はできませんね。
実際、国内のGLに記載されてる診断基準をみても、HbA1cだけでの診断はできないようになってるみたいです。


糖尿病スクリーニング!ってことで血液検査ができる薬局もあるようですが、このような検査の限界も知っておく必要はあるでしょうね。検査値の評価もできないと、なんのために薬剤師がかかわるの?ってことになっちゃいますので、実施してる店舗の方は勉強しとかないといけませんね。


症例によっては、HbA1c10%!!!→→血糖降下薬開始!→空腹時血糖低下(むしろ低め)、でもHbA1c高いまま!
→→異常ヘモグロビン。遺伝子検査にて診断
(糖尿病 Vol. 58 (2015) No. 2 p. 121-127)

みたいなこともあるので、空腹時血糖やOGTTやらないとって感じですねー。