読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

インターネットで収集した医療情報の質は検索エンジンによって異なる?

例のテレビ番組はまた炎上しそうな雰囲気ですが、テレビだけでなくインターネットでの情報収集も危ういですよね。

過去にSNSで「日本語で検索vs英語で検索」てな感じのやりとりをさせていただいた記憶がありますが、個人的には「医療情報を収集するなら英語で検索したほうがよい」と思っています。日本語で検索すると、あやしい広告サイトが上位にヒットするのはみなさん経験されていることかと思います(過去にこのブログで同じようなことを書いたかもしれません)

なんと、インターネットの情報の質について取り上げた論文がありました。国立がんセンターの先生の論文です

Differences in the quality of information on the internet about lung cancer between the United States and Japan. - PubMed - NCBI
J Thorac Oncol. 2009 Jul;4(7):829-33.

使用した検索エンジンは以下の3つ
Google Japan (Google-J), Google United States (Google-U), and Yahoo Japan (Yahoo-J).

検索ワードは、
"lung cancer" in Japanese and English

上位にヒットした50サイトを評価しています

おもしろい比較研究ですね。
たしかに“がん”に関してはさまざまな情報が錯綜している印象があります。

結果はどうでしょう?


米国のgoogleでヒットしたうちの80%が適切な治療法について記述しているのに対して、日本のgoogleとYahooは50%以下で、10%以上が代替療法を宣伝している。
日本のgoogleとyahooは10%以上が広告サイト

だそうです…。

この論文は2009年発表です。
今は2017年。この格差はどう変化したのでしょうね。ひどくなっているのかな…?

ためしに私がよく利用しているYahooで「肺がん」で検索してみると、

がんセンターのサイトも上位にあがってくる一方で、免疫療法の紹介をしている医療機関のサイトなどもあり、ネットで情報を得ようとした人たちは混乱するでしょうね。
広告はあやしいのばかり。

医療情報リテラシーの向上のため、このような広告は一掃するぜ!と方向転換したら、その検索エンジンが好きになっちゃいそうですが、広告で収入を得ているのでしょうし(常識に疎いので見当違いだったらすみません)、悩ましいところなのでしょうか。

昔だったらスマホで海外の医学論文を読めるなんて考えられなかったことだと思いますし、ITの世界は格段に進歩しているのですが、ネットの情報を活用する上では細心の注意を払わないと、おかしな情報を取り込んでしまったりする危険性を孕んでいるのはあいかわらずという感じがしますね。

テレビもあいかわらずですし、週刊誌どころか新聞だってありえない広告が普通に載ってたりしますよね。
この状況はいつまで続くのでしょうか…。

私は地道に一次資料を基に情報を発信していこうと思ってますが、メディアの影響力の凄まじさには圧倒されるばかり。
少しでも正しい情報が世間のみなさんに伝わるように微力ながら発信を続けていこうかなと思っています。
(そんなこと言いながら、非医療従事者にはわかりにくい記述ばかりの医療者向けの内容になってしまっていますが…)