pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

一万歩のウォーキングで睡眠の質が改善?

睡眠って大事ですよね。
不眠症とは無縁の自分にとっては、暇さえあれば眠ってしまうのですが、寝つきが悪い方はさぞお辛いことかと思います。

ある日本のスタディがBMJに掲載されました。

Does subjective sleep quality improve by a walking intervention? A real-world study in a Japanese workplace. - PubMed - NCBI
BMJ Open. 2016 Oct 24;6(10):e011055.

前後比較研究のようです。
490名の健康なボランティアが対象で、介入方法はというと…
毎日、1万歩のウォーキング!

歩幅にもよりますが、1万歩というと5~7kmくらいでしょうか…
自分だったら3日ともたずに脱落しそうですが、介入期間はなんと28日間
歩行速度や歩行距離に制限は設けてません。

日ごろから運動習慣のある人と、運動習慣がない人で分けて分析しています。

アウトカムは、The Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)

結果はどうでしょう?
Fig2のとおり、ベースラインの歩数+1万歩ではないですね。
運動習慣のないグループでは結局1日1万歩に達していませんが両グループともに介入前と比べて、4000歩くらい多く歩行しているという結果。


睡眠の質についてはtable2

PSQIはやや改善

睡眠潜時(入眠するまでにかかる時間)は…
・運動習慣あり群で1分短縮(ほぼかわりなし)
・運動習慣なし群で6~7分短縮

総睡眠時間はどちらの群も介入前後で6分くらいの増加であまりかわらないですね。


運動習慣がない場合の睡眠潜時6~7分の短縮ですか…(ちなみに自発報告であり、polysomnographyによるものではない)
たいしたことないじゃん!て気もしますが、ベンゾジアゼピンBZDは20分程度の短縮(sleep diaryによる)
(polysomnographyだと10分程度の短縮)
The efficacy and safety of drug treatments for chronic insomnia in adults: a meta-analysis of RCTs. - PubMed - NCBI より



まああくまで前後比較研究なので、なんともいえないところですが、普段、運動してない人においては、どうも寝つきが悪いなって場合に、とりあえず歩こうってのはアリかなと。ただ仕事が忙しすぎて1分1秒が惜しい!という現代社会を生きる人々にはちょっと厳しいかもしれません。毎日、そんなに時間とれないですよね…。

この論文、最後に、
polysomnographyのような客観的評価にもとづいたRCTを計画している。と締めくくっています。
おお、それは楽しみですね。
「歩くだけ」という極めて簡単で安価な介入方法(それなりに過酷、かつ、多大な時間がかかるけれども…。)ですので、RCTでの追加検証も気になるところです。

まあ、自分は1万歩も歩くのはしんどいですけどね…。