読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

リアルワールドでのNVAFにおける各種NOAC出血リスク

アメリカのデータを使用したコホート研究です。

Real-world comparison of major bleeding risk among non-valvular atrial fibrillation patients initiated on apixaban, dabigatran, rivaroxaban, or war... - PubMed - NCBI
Thromb Haemost. 2016 Aug 19;116(5).

研究デザイン:retrospective cohort study、Propensity score matched analysis
P:新規で抗凝固薬を処方された18歳以上のNVAF患者
E:NOAC[アピキサバン7,438(16.4 %), リバーロキサバン17,801(39.2 %),ダビガトラン4,661(10.3 %)]
C:ワルファリン[15,461 (34.1 %)]
O:入院を必要とする大出血

傾向スコアマッチングPropensity score matching (PSM) :age, sex, region地域, baseline comorbidities, and comedications


<結果>
vsワーファリン
apixaban (HR: 0.53; 95 % CI: 0.39-0.71)
dabigatran (HR: 0.69; 95 % CI: 0.50-0.96)
rivaroxaban (HR: 0.98; 95 % CI: 0.83-1.17)

rivaroxaban vs apixaban:(HR: 1.82; 95 % CI: 1.36-2.43)


<感想>
やはり、アピキサバンが出血リスクが少ないんですかねぇ。エドキサバンも出血が少ないと評価されている印象でしたので、エドキサバンのデータも見たかったです><

一番良い結果を出したアピキサバンのメーカーはBristol-Myers Squibb and Pfizer。
COIの項目に「This work was supported by Bristol-Myers Squibb and Pfizer」との表記。これは偶然でしょうか…?
ちなみにそのあと論文著者のCOIがいろいろ記載されていて、そちらにはバイエルやベーリンガーの記載もあります。
supportedということは資金提供をしたのはブリストルファイザーってことなんですかねえ?
(参考程度ではありますがCOIをチェックする癖がついてしまいました笑)

メソッドに
処方されたNOACの用量は標準用量(warfarin, apixaban 5 mg BID,rivaroxaban 20 mg QD, or dabigatran 150 mg BID)の症例を評価した、みたいなことがかかれていました。

おっと、日本の標準用量はリバーロキサバンが20mgではなく15mg。アピキサバンとダビガトランは同じ。これをどう解釈するか。
リバーロキサバンがやや出血リスク大という結果でしたが、日本では用量がやや少ないため、結局そんなにかわらないのかも?という気もしますね。

ただ、全部ワーファリンとの比較なので、ワーファリンのTTR次第ではいくらでもかわりそうな気はします。
NOACの日本のデータが欲しいですね~(エドキサバンも交えて)。