読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

受動喫煙の影響(脳卒中、虚血性心疾患、COPD)

呼吸器 循環器

Meta-analysis of the association between second-hand smoke exposure and ischaemic heart diseases, COPD and stroke. - PubMed - NCBI
BMC Public Health. 2015 Dec 1;15:1202 (全文フリー)
受動喫煙(SHS;Second-hand smoke)の影響を検討
研究デザイン:観察研究(コホート研究、ケースコントロール研究)のメタアナリシス
アウトカム:虚血性心疾患(IHD;Ischaemic heart disease)、脳卒中COPD

言語制限:英語、ドイツ語
出版バイアス:funnel plotによる評価を行っている

<結果>

虚血性心疾患IHD(14study)
男性/女性(6study) RR1.27(95%CI 1.10-1.48) I2=30.78%
男性(6study) RR1.06(0.96–1.19) I2=0%
女性(9study) RR1.50(1.31–1.72) I2=16.0%

Fig2のforrest plotを見る限り、女性においても、統計的有意差が出なかった研究結果が半数近くある(有意差がないものはn数が少ない傾向にはある)。
一方、男性はほとんどの研究において有意差がない。RR1.01(0.86–1.18)のMcElduff et al.(1998)が症例数が多く、5割近いweightとなっている)

COPD(5study)
男性/女性 RR1.66(1.38–2.00) I2=0.0%
男性(1studyのみ) RR1.50(0.96–2.28)
女性 RR2.17(1.48–3.18) I2=22.95%

男性のデータはMcGhee et al.2005のみ。ギリギリ統計的有意ではないが、リスク上昇傾向。
女性はすべての研究において有意にリスク上昇

脳卒中(7study)
男性/女性(5study) RR1.35(1.22-1.50) I2=2.08%
男性(4study) RR1.40(1.09–1.81) I2=37.95%
女性(6study) RR1.43(1.28–1.61) I2=0%

女性はほとんどの研究において有意にリスク上昇。
男性はやや異質性があり各研究において有意差があったのは1つのみ。


<感想>
受動喫煙による動脈硬化やCOPDのリスクは男性より女性のほうが強い傾向にあります。
虚血性心疾患は意外と影響が少ないなと思いました。
ただ、このような研究は、受動喫煙の程度の基準など、いろいろと評価が難しいのではないかなという気もしますね。各研究において細かい基準がどうなっているのか、メタアナリシスでデータを統合する上で問題はないのか?と。

じっくり吟味する時間もないので、forrest plotにて各試験の結果を斜め読みして終了。
気になる方は原著をご確認くださいm(__)m