読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

がんによる消化管閉塞にステロイドが有効?

がんによる悪性消化管閉塞(malignant bowel obstruction)に対してステロイドが有効かもしれないという報告。

Corticosteroids for the resolution of malignant bowel obstruction in advanced gynaecological and gastrointestinal cancer. - PubMed - NCBI
Cochrane Database Syst Rev. 2000;(2):CD001219.
研究デザイン:RCTのメタアナリシス
P:advanced gynaecological(婦人科) and gastrointestinal(消化管がん)cancerによる消化管閉塞
E:コルチコステロイド
C:プラセボ
O:resolution of obstruction(閉塞の再開通)and death at one month

<結果>
3つの未発表のDB-RCTと、7つのスタディ(前向き・後ろ向き)が適合
RCTのみをもとに解析
・1ヶ月死亡率は有意差無し
・閉塞の再開通について統計的に有意でない傾向にあり、NNT6(3-∞)

<結語>
dexamethasone6-16mg静脈内投与にて腸閉塞の再開通の可能性があるかもしれない。
副作用の発生率はきわめて低く、死亡率には影響を与えなかった。


<感想>
日本緩和医療学会の「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン」では消化管閉塞の痛みに対してステロイドは“弱い推奨”
アブストには記載がありませんが、ガイドラインによると消化管閉塞の再開通の定義は、「嘔吐や蠕動痛などの症状の消失、軽食の摂取が可能、排ガスあるいは蠕動の存在」だそうです。
ステロイドにはいろんな使い方がありますね。