読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

アレルギー性鼻炎と片頭痛

アレルギー性鼻炎片頭痛の誘因となることがある可能性があるようです。
副鼻腔炎は症状として頭痛をきたしますが、片頭痛と鼻炎の関連は知らなかったので調べてみました。


片頭痛患者の併存疾患としてアレルギー性鼻炎気管支喘息うつ病、不安障害、てんかんなどが知られており、アレルギー性鼻炎は成人では2~3割、小児で約7割に合併[1]。

ヒスタミン片頭痛の発症に関与していることが指摘されており、アレルギー性鼻炎片頭痛の有病率を調査したところ、アレルギー性鼻炎76名のうち片頭痛26名、アレルギー性鼻炎のない57名のうち片頭痛2名。片頭痛の有病率は34%vs2%[2]。

別の報告では、
片頭痛の有病率は50%vs18.75%。そのうち95%が前兆無しの片頭痛であった[3]。
片頭痛の有病率37%vs5%、その有病率の差は40歳以上のほうが顕著であった(サンプル数が少ないので年齢による違いはさほど明瞭とはいえないようにも思える)[4]。

そこで重要なのが、アレルギー性鼻炎の治療により片頭痛が軽減するかどうかということになります。
アレルギー性鼻炎があるほうが片頭痛の有病率が高いのは間違いなさそうですが、鼻炎の治療をしたから片頭痛が減るかどうかは別問題です。

Allergy and immunotherapy: are they related to migraine headache? - PubMed - NCBI
Headache. 2011 Jan;51(1):8-20
アレルギー性鼻炎の診断を受けた18~65歳の患者(536名、平均年齢41歳)に免疫療法を行い、片頭痛の有病率(ICHD-2にて診断)や片頭痛発作の頻度や障害度(disability)の自己評価を比較

<結果>
免疫療法を行ったグループのほうが片頭痛の有病率が少なかった(less prevent)

45歳以下 45歳以上
片頭痛頻度 RR0.48(95%CI 0.28-0.83) 有意差なし
片頭痛の障害度 RR0.55(95%CI 0.35-0.87) 有意差なし

 
若い患者においては、免疫療法で片頭痛の頻度や障害度の改善と関連していたとの結語。


45歳以上の数値が記載されてないので、有意差がでていないだけで、リスク低下の傾向にあったかどうかは不明。45歳以下ではけっこう改善されているだけに、ちょっともやもやする結果です。
点鼻ステロイドや抗ヒスタミン薬によるアレルギー性鼻炎の治療という介入で、片頭痛が減少するかどうかを検討した文献は見つかりませんでした。


因果関係は不明ですが、WHOのデータにて、点鼻ステロイド(ICNs)による片頭痛の症例報告あり[5]。鼻炎と片頭痛の関連も認められているが、INCsによる頭痛誘発の可能性もあるとのこと。関連ないような気もしますが、ICNsを再投与した9例のうち8例で再度誘発したということで、ICNsで頭痛が出てしまうケースもごくまれにあるのかもしれません。


アレルギー性鼻炎ではなく副鼻腔炎を対象にしたモメタゾンの試験[6]ですが、AMPC/CVAへのモメタゾン上乗せのDB-RCTにて、副鼻腔炎の症状の1つである頭痛が16日以降で減少(fig2を見る限り、劇的な減少といえるかは微妙ですが)。他、顔の痛み、鼻づまりも減少しています。有害事象として報告された頭痛は、モメタゾン2%vsプラセボ3%。
副鼻腔炎においては頭痛軽減を期待してICNsの投与は有効といえそうです。


いろいろ調べてみましたが、アレルギー性鼻炎を合併している片頭痛患者に鼻炎の治療を施すことで頭痛頻度が減少するかどうかという臨床疑問をズバッと解決するエビデンスは見つかりませんでした。
まあ、こういうこともありますよね…涙。

個人的には、鼻炎があって頭痛が悪化している場合、鼻炎と片頭痛の関連などを理由として鼻炎の治療で頭痛軽減が期待できる可能性があると患者さんに薦めてみてもよいかも、という印象でしょうか。
頭痛持ちの患者さんは、どういうときに頭痛が悪化するか、ご自身のほうが良く把握してらっしゃると思うので、鼻炎症状が出ていようが出ていまいが、頭痛の重症度は変わらないというのであれば、あまり期待できないように思います。


[1]「小児・思春期の頭痛患者」脳と発達 Vol. 44 (2012) No. 2 p. 119-124
[2]Prevalence of migraine headaches in patients with allergic rhinitis.Ann Allergy Asthma Immunol. 2006 Aug;97(2):226-30.PMID;16937756
[3]Frequency of migraine in patients with allergic rhinitis.Pak J Med Sci. 2013 Apr;29(2):528-31.PMID;24353570
[4]Association between allergic rhinitis and migraine.J Res Med Sci. 2012 Jun;17(6):508-12.PMID;23626624
[5]Can intranasal corticosteroids cause migraine-like headache? Cephalalgia. 2009 Mar;29(3):360-4.PMID;19175775
[6]Added relief in the treatment of acute recurrent sinusitis with adjunctive mometasone furoate nasal spray. The Nasonex Sinusitis Group.J Allergy Clin Immunol. 2000 Oct;106(4):630-7.PMID;11031332