pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

脳梗塞と脳出血の鑑別

脳梗塞脳出血をまとめて脳卒中と呼びますが、その病態は異なります。
検査無しで症状だけで区別できるでしょうか

Does this patient have a hemorrhagic stroke?: clinical findings distinguishing hemorrhagic stroke from ischemic stroke. - PubMed - NCBI
JAMA. 2010 Jun 9;303(22):2280-6
脳出血脳梗塞と区別

脳出血の可能性が高くなる所見、低くなる所見は、

ケルニッヒ徴候陽性 LR8.2(0.44-150)
昏睡 LR6.2(3.2-12)
頸部硬直 LR5.0(1.9-12.8)
神経障害を伴うけいれん発作 LR4.7(1.6-14)
DBP110mmHg以上 LR4.3(1.4-14)
嘔吐 LR3.0(1.7-5.5)
頭痛 LR2.9(1.7-4.8)
意識消失 LR2.6(1.6-4.2)
心房細動の既往 LR0.44(0.25-0.78)
意識清明 LR0.35(0.24-0.5)
頚部血管雑音 LR0.12(0.03-0.47)

ということですが、診断の確定には画像診断が必要と結論しています。

やはりCTなどの画像検査無しでの鑑別は難しそうです。
ただ、脳梗塞脳出血それぞれのおおまかな臨床像をイメージしやすくなりますね。