pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

抗真菌薬配合シャンプーはフケ症に効く?

フケ症

頭皮で作られた細胞はいずれ古くなって、角質層へと押し上げられて剥がれ落ちる(=フケ)

細胞が生まれ、剥がれ落ちるまでのサイクルは1カ月程度。この周期が短くなるとフケの量が増える。

周期が短くなる要因は、
・不規則な食生活
・睡眠不足
・ストレス
→皮脂の分泌が過剰になり、フケの原因菌が皮脂を分解して刺激物質ができて、この刺激により周期が短くなる。

パラパラ落ちる乾性タイプと、頭皮にくっついてベタベタする湿性タイプがあり、湿性タイプは皮脂分泌が多く、脂漏性皮膚炎の軽症型であることが多い。

皮脂は洗髪後1日以内には洗髪前の量に戻る。
洗髪により皮脂を除去し、皮脂がたまらないようにすることが大事。少なくとも1日おきに洗髪。低刺激のシャンプーなら毎日洗髪可。

<フケの予防>

  • 規則正しい生活
  • ビタミンBの摂取(【B2:レバー、うなぎ、ほうれん草、卵、納豆、乳製品】【B6:レバー、バナナ、まぐろ、かつお、鮭、さんま】)
  • 低刺激性のシャンプーや石鹸を使う
  • 脂っこい食事、アルコール、コーヒーを控える(皮脂の分泌を促進するのを防ぐ)

フケ原因菌とされるM.furfur(マラセチア)に抗菌活性のあるイミダゾール系抗真菌剤が有効。日本では、医薬部外品として、抗真菌剤入りのシャンプーも販売されています。

 

CiNii 論文 -  0.75%硝酸ミコナゾール配合シャンプーのフケ症に対する臨床評価―多施設共同一般臨床試験
フケ症60名(除外基準:ステロイド外用剤、抗真菌剤内服、紅斑が高度な重症例)。
硝酸ミコナゾール0.75%配合シャンプーを従来どおりの洗髪回数で使用(洗髪回数が少ない場合は、週3日以上)。
ヘアトニックや育毛剤は禁止

60名中、2名は来院無しで評価できず、6名が試験中止(本人申し出4名、妊娠1名、かゆみの副作用1名)、プロトコル逸脱3名。
有効性評価対象49例+副作用(かゆみ)で逸脱の1例
症状改善度
フケ:消失19例、軽減21例、不変9例。改善率82%。
かゆみ:消失27例、軽減8例、不変12例。改善率74%。

結果を見るとかなり有用性が高いような気もしますが、対照群がないのでなんともいえません。
洗髪回数が3~4日/週の群より、5日以上/週の群のほうが有効性がやや低かったという点も気になります。

 

A double-blind trial of 1% ketoconazole shampoo versus placebo in the treatment of dandruff. - PubMed - NCBI
こちらはDB-RCT
P:フケ症の患者176名
E:1%ケトコナゾールシャンプーを週に2回
C:プラセボ
4週間の治療にて、good or excellent result ケトコナゾール80%vsプラセボ23%。
アブストではアウトカムがはっきりわかりません(かゆみなのか、フケの量なのか)。
欧米ではフケ症を適応として、ケトコナゾールシャンプーが医療用医薬品(2%製剤)、一般用医薬品(1%製剤)として販売されているようです。

 

国内では、ケトコナゾール2%(クリーム/ローション)がフケ症の重症型とされる脂漏性皮膚炎に適応が通っており、1日2回塗布により、改善率はローション73.8%(45/61)、クリーム71.4%(45/63)となっています。

 

脂漏性皮膚炎

頭皮、髪の毛の生え際、鼻の脇、耳の後ろ、顔のTゾーン、脇の下など皮脂の分泌の盛んな部位に湿疹を生じる(軽症ではフケ症)。皮膚が赤くなったり、ボロボロとはがれたり、かゆみを生じることもある。

<治療>

  • ステロイド外用薬→抗炎症により、即効性あり。中止により再燃しやすい
  • 外用抗真菌剤→脂漏性皮膚炎の原因菌とされるマラセチアに作用。即効性はないが、中止後の寛解期間がステロイド外用薬より長く持続

 その他、ビタミンB2製剤のリボフラビン(ハイボンなど)、ビタミンB6製剤のピリドキサール(ピドキサールなど)、ビタミンH製剤のビオチンが脂漏性皮膚炎に適応が通っています。

 

Topical antifungals for seborrhoeic dermatitis. - PubMed - NCBI

Cochrane Database Syst Rev. 2015 May

脂漏性皮膚炎に対する外用抗真菌薬のレビュー。ケトコナゾールとシクロピロックスがプラセボより有効と評価。シクロピロックスというのは、日本のシャンプーに配合されてるオクトピロックスと同系統の作用でしょうか?

この系統の薬は、国内の医療用医薬品としては承認されていないようですが、もし有用な薬であるなら、最近、日本で解禁されたにきび治療薬の過酸化ベンゾイルのように、国内でも研究・開発が期待されます。