pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

抗凝固薬投与によるAF患者の出血リスクの評価法 HAS-BLEDスコア

HAS-BLEDスコア
抗凝固薬投与による出血リスクの評価法として、欧州心臓病学会(ESC)より提唱されたスコアリング

Hypertension 高血圧 1点
Abnormal renal/liver function 腎機能障害、肝機能障害 各1点
Stroke 脳卒中 1点
Bleeding history or predisposition 出血歴、出血傾向 1点
Labile international normalized ratio 不安定なINR 1点
Elderly 高齢者65歳以上 1点
Drugs/alcohol concomitantly 薬剤(抗血小板薬・NSAIDs)、アルコール 各1点

高リスク:3点以上
※腎機能障害:慢性透析や腎移植、血清クレアチニン2.26mg/dL以上
肝機能異常:慢性肝障害(肝硬変など)又は検査値異常(ビリルビン値>正常上限×2倍、AST/ALT/ALP>正常上限×3倍)

Validation of CHA₂DS₂-VASc and HAS-BLED scores in Japanese patients with nonvalvular atrial fibrillation: an analysis of the J-RHYTHM Registry. - PubMed - NCBI
7,384人のNVAF患者(日本人)を対照とした前向きコホート
mHAS-BLEDとして、アルコールを除外したスコアリングで評価。
スコア別リスクがfigure3に記載あり

年間出血イベント率

mHAS-BLEDスコア ワーファリンあり ワーファリンなし
0点 0.3% 0%
1点 0.7% 0.2%
2点 1.0% 0.6%
3点 2.4% 1.1%
4点 3.6% 2.5%
5点 2.9% -

AFの抗凝固療法、とても悩ましいですね。
HAS-BLEDのスコアリングにあるとおり、高血圧は出血リスクとなりますので血圧コントロールが大事です。
抗凝固薬や抗血栓薬投与中の血圧管理に関しては、頭蓋内出血予防のため、虚血に注意しながら、血圧130/80未満を目指すとなっています(JSH2014より)