読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

消化器

術後患者のオピオイドによる便秘に対するルビプロストンvsセンナ

Lubiprostone vs Senna in postoperative orthopedic surgery patients with opioid-induced constipation: a double-blind, active-comparator trial. - PubMed - NCBI World J Gastroenterol. 2014 Nov 21;20(43):16323-33.研究デザイン:DB-RCT(ダブルダ…

H.pylori感染と食道がんリスク

マジで!?という話を耳にしたので文献検索 この記事のタイトルから想像されるであろう結果とはまったく逆の結果が待っています。Helicobacter pylori infection and esophageal cancer risk: an updated meta-analysis. - PubMed - NCBI World J Gastroente…

胃腸炎でダウンした!

えー、私事ですが先日胃腸炎でダウンしました。せっかくですので、流行りのセルフメディケーション的な思考訓練をしてみました。 今回の記事はいつも以上に素人同然の記事なので、ご勘弁ください。 まずは臨床経過を(ちょっと忘れてしまいましたが)夜中の3…

キノロン+PPI→CDIリスク増加?

Incidence of Clostridium difficile infection in patients receiving high-risk antibiotics with or without a proton pump inhibitor. - PubMed - NCBI J Hosp Infect. 2016 Feb;92(2):173-7. 背景:クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI;Clostridi…

ノロウイルスと血液型

Clinical immunity in acute gastroenteritis caused by Norwalk agent. - PubMed - NCBI N Engl J Med. 1977 Jul 14;297(2):86-9. 12名のボランティアにノーウォークウイルス(NV;Norwalk virus ノロウイルスの一種)を接種したところ、6名が胃腸炎を発症。27…

オルメサルタンによるスプルー様腸疾患

いまさらですが、テレビ「ドクターG」でも紹介されたことですし、この文献を。 Severe spruelike enteropathy associated with olmesartan. - PubMed - NCBI Mayo Clin Proc. 2012 Aug;87(8):732-8. オルメサルタンによる原因不明の腸疾患のケースレポート 2…

機能性ディスペプシアに六君子湯は有効?(各種FD関連文献)

Randomized clinical trial: rikkunshito in the treatment of functional dyspepsia--a multicenter, double-blind, randomized, placebo-controlled study. - PubMed - NCBI Neurogastroenterol Motil. 2014 Jul;26(7):950-61 研究デザイン:多施設二重盲検…

バレニクリンによる吐き気は女性に多い?

国内の文献より 禁煙補助薬バレニクリンによる嘔気出現に関連する患者背景の検討 日本禁煙学会雑誌 Vol. 10 (2015) No. 1 p. 7-12 2008~2014年のデータを解析したレトロスペクティブな研究背景:薬による禁煙治療はニコチン置換療法とニコチン作動性受容体…

過敏性腸症候群(IBS)に対するプラセボ効果

The placebo effect in irritable bowel syndrome trials: a meta-analysis. - PubMed - NCBI Neurogastroenterol Motil. 2005 Jun;17(3):332-40. 背景:プラセボ対照ランダム化比較試験において、過敏性腸症候群(IBS;irritable bowel syndrome)に対するプラ…

がんによる消化管閉塞にステロイドが有効?

がんによる悪性消化管閉塞(malignant bowel obstruction)に対してステロイドが有効かもしれないという報告。Corticosteroids for the resolution of malignant bowel obstruction in advanced gynaecological and gastrointestinal cancer. - PubMed - NCBI …

整腸剤で抗生剤による下痢を防げる?(高齢者)

整腸剤で抗生剤による下痢を防げる?(小児) - pharmacist's record 表題の件、小児については先日調べましたが、高齢者はどうでしょうか? Probiotics for the prevention of antibiotic-associated diarrhoea in older patients: a systematic review. - …

整腸剤で抗生剤による下痢を防げる?(小児)

お子様に抗生剤が処方される際には、必ずと言ってよいほど整腸剤が処方されます。 下痢を防ぐことが目的ですが、その有効性はどの程度でしょうか。コクランレビューがでています。 Probiotics for the prevention of pediatric antibiotic-associated diarrh…

薬の組み合わせと上部消化管出血のリスク

Risk of upper gastrointestinal bleeding from different drug combinations. - PubMed - NCBI Gastroenterology. 2014 Oct;147(4):784-792 2000万人のデータベースより同定した114,835人のUGIB患者のデータを解析した症例集積研究(Case series)背景:NSAID…

同じレジメンでピロリ菌二次除菌?/国内の三次治療レジメンの検討

風の噂で聞いたのですが、まったく同じレジメンでピロリ菌二次除菌を行うケースがあると…(照会しても変更なし)。本当でしょうか…。そもそも再度同じ薬で除菌しようとしても失敗に終わりそうな気がするのですが…。同じレジメンでの再除菌について記載されて…

酸化マグネシウム(MgO)と血清マグネシウム値

酸化マグネシウム製剤の適正使用の注意喚起がありました。 患者さん向けの注意喚起より抜粋 初期症状 吐き気、嘔吐、立ちくらみ、めまい、脈が遅くなる、皮膚が赤くなる、力が入りにくくなる、体がだるい、眠気でぼんやりする、うとうとする 長期服用、腎臓…

モサプリド 乳児への使用について

モサプリド 慢性胃炎に伴う消化器症状の適応を持つ消化管運動機能改善薬 作用機序:選択的セロトニン5-HT4受容体アゴニスト、アセチルコリン遊離の増大を介して上部及び下部消化管運動促進作用を示す。適応は成人となっており、小児は安全性未確立ところが乳…

最も有効なピロリ除菌療法は? 整腸剤は併用したほうがよい?

Comparative effectiveness and tolerance of treatments for Helicobacter pylori: systematic review and network meta-analysis. - PubMed - NCBI BMJ. 2015 Aug 19;351:h4052 デザイン:システマテックレビュー、ネットワークメタ解析 目的:副作用の少…

虫垂炎(Appendicitis)

自分は虫垂炎になったことがないのですが、胃腸炎と紛らわしい危ない病気ですよね。Cope's Early Diagnosis of the Acute Abdomenという教科書によると、①pain痛み(心窩部または臍まわり) ②anorexia食欲不振、nausea吐き気、vomiting嘔吐 ③tenderness圧痛…

しゃっくりにメトクロプラミドが有効?

しゃっくりにメトクロプラミドの処方。“今日の~”にも適応外使用として記載されているみたいですが、せっかくなので、文献を探してみました。 しゃっくり 横隔膜のけいれんによる起こる呼吸反射で、突然の吸気、その直後に声帯が閉じて独特の音声を伴う。原…

オメプラゾールはクロピドグレルの効果を減弱させる?

最近GE解禁で話題のクロピドグレルですが、気になっていたPPIオメプラゾールとの併用について調べました。 クロピドグレルは2つの経路で代謝されます。 ①エステラーゼにより非活性代謝物であるSR26334(主代謝物)を生成 ②主にCYP3A4、CYP1A2、CYP2C19、CYP…

下剤の連用で便秘が悪化? 大腸メラノーシスについて

便秘に悩まされている人はかなり多いと思います。疫学調査では、人口1,000人につき男性は25人程度、女性は50人程度です。10代後半~中年では男性より女性で多いですが、男女ともに加齢(60代くらい)とともに増加し、同程度の割合となります。 食生活や運動…

ピロリ菌除菌 クラリスロマイシンの用量は1日400mg?800mg?

ピロリ菌の一次除菌でクラリスロマイシン(CAM)が用いられますが、用量は1日400mg、適宜増量で1日800mgまでとなっています。より確実に除菌するには800mgとすべきなのでしょうか?? ランサップの臨床成績(添付文書より) レジメン 胃潰瘍除菌率 十二指腸…

CKD、マグネシウム製剤による高マグネシウム血症

便秘薬として汎用されている酸化マグネシウムによる高マグネシウム血症について2008年に厚生労働省より注意喚起がありました(医薬品・医療機器等安全性情報 No.252)。[Influence of impaired renal function and magnesium oxide administration on serum …

水酸化アルミニウム製剤に水酸化マグネシウムが配合されている理由は?

水酸化アルミニウムは胃酸を中和する作用があり制酸薬として古くから用いられています。市販薬にも配合されており、服用している方も多いのではないでしょうか。 医療用の水酸化アルミニウム製剤であるマーロックス(ほか、マルファなど)には、水酸化マグネ…

薬剤性肝障害

肝臓は、代謝や解毒などの働きをもつ重要な臓器ですが、薬剤の投与により肝障害を起こすことがあります。肝臓の働き <代謝機能> ①糖代謝:糖質は腸でグルコースに分解され、肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、血糖値が低下した場合、グルコースとして放出…

胃にやさしい解熱鎮痛薬は?

さまざまな解熱鎮痛薬が汎用されていますが、胃に負担がかかりにくい薬はどの薬でしょうか。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1874428/ こちらは2002年に発表されたケースコントロールとも呼ばれる症例対照研究(後ろ向きの観察研究)です。 各…

下痢予防にウルソ・下剤を投与? 

処方例) テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合カプセル(ティーエスワン)25mg 4Cp 朝夕食後 ウルソデオキシコール酸100mg 3錠 毎食後 酸化マグネシウム 2g 毎食後 炭酸水素ナトリウム 1.8g 毎食間 半夏瀉心湯 7.5g 毎食前 〈ウルソデオ…

人気のPPIは?

日経メディカルの調査で一番人気のPPIはランソプラゾールだったようです。 簡単にまとめますと、 タケプロン:OD錠、NSAIDs・低用量アスピリン潰瘍再発抑制の適応あり、低用量アスピリンとの合剤あり(タケルダ)、簡易懸濁法可(お湯で懸濁させると、添加物…

B型肝炎について

NHKの番組でB型肝炎について取り上げられていたのですが、クリップで主な感染源が輸血、予防接種、母子感染と紹介されていました。主に取り上げたのは母子感染についてだったで、輸血、予防接種についてはほとんど説明がなかったのですが、クリップによる視…