pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。

薬の飲み合わせ 第4回 「糖尿病治療薬の併用」 地域医療ジャーナル2018年4月号 vol.4

cmj.publishers.fmいろいろとバタバタしているうちに4月号が出ていました!地域医療ジャーナル4月号「どんな気分につつまれて」FourTetのライブに行きたいという気分につつまれている私ですが、チケットが取れませんでした。 Rainbowのほうにも出るみたいで…

オセルタミビル透析時の用量/ラニナミビルvsオセルタミビル(2010) 耐性ウイルス?

某メーカーのオセルタミビルQ&Aをぼんやりと眺めていました。Q&Aがメーカーサイトに載ってるのはいいですよね。 コールセンターにはいろいろな質問が飛んできて、「ああ、それな。それよくある質問だわー」って思いながらお決まりの回答をしているのでしたら…

プソイドエフェドリンの血圧・心拍数への影響は?

CQ「プソイドエフェドリンの長期使用の安全性は?」長期使用の安全性ってことで検索してみたら、血圧、脈拍への影響を検討したメタアナリシスがあったので、ブログ表題のCQへスイッチ。 まあ、結局、気になるのは"そこ"ですもんねEffect of oral pseudoephed…

アレルギー性鼻炎に対するロイコトリエン拮抗薬(LTRA)の上乗せ効果は?

CQ「抗ヒスタミン薬(H1RA)を服用しているアレルギー性鼻炎患者へのロイコトリエン拮抗薬(LTRA;leukotriene receptor antagonist)の上乗せ効果は?」花粉が猛威をふるう季節となりましたが、LTRAの効果ってどうなんだろうということで簡単にPubってみます LTR…

製薬メーカーのパンフレットを新人さんと一緒に読んだ話(話題のゾフルーザ)/ そして発売へ

土曜日なのになんでおれは職場にいるんだろうと物思いに耽っていたら(物思いに耽れるほど暇だった)、応援にきた新人さんが話題の薬「ゾフルーザ®(バロキサビル)」のパンフレットを読んでいました。というわけで表題のとおり、パンフレットを肴に雑談です…

音楽の話をしよう Âme - Rej

先日、SNSで論文の被引用数がどうのこうのっていうやりとりが流れてきました。 たくさん引用されるとイイ感じってことでしょうか。アカデミックな世界もいろいろあるんだなぁと眺めていたのですが、やっぱり音楽と似てるなって思ってしまいます。以前、論文…

薬の飲み合わせ 第3回 「過活動膀胱治療薬の併用療法」 地域医療ジャーナル2018年3月号 vol.4

cmj.publishers.fmいやぁ、びっくりしました。地域医療ジャーナルの3月号が配信されております。何が驚いたかって…もう1ヶ月経つのですか…!2月は短いとはいえあっという間ですねぇ 自分はひきつづき飲み合わせがテーマです。 添付文書には「併用を避けるこ…

音楽の話をしよう The xx @ 幕張メッセ

ライブに行ってきました。The xxの単独公演がなんと祝前日の日曜日に開催されると知って、行くしかない!と思ってチケット即購入。 いやあ、オーガナイザーの方々、わかってらっしゃる。平日開催だと厳しいですが、このスケジュールなら行けます!この英国の…

普段、こんな感じでPubmed使ってます(チアプリドとAgitation)

今回は何の変哲もない日常を切り取ってみたいと思います。ときどき、新人さんが応援に来てくれて、一緒に勤務したりすることがあります。 まあ、自分は教育とかほとんどしないですし、EBMとはこうだ!!!みたいなアツい話をすることは皆無なのですが、まあ…

何を信じるか

前回(当ブログの取扱説明書 - pharmacist's record)からの続きになりますが、ここからが本題です。つい先日、著名な某先生とのやりとりで、「ブログからの情報収集において、発信者のバイアスの可能性を考慮し、自分自身で出典にあたることの重要性」につい…

当ブログの取扱説明書

いつか、書こうと思っていながら放置していた件なのですが、ちょっと書いておきます。なぜ、ふと思い至ったかというと、、、www.fizz-di.jp書籍『薬の比較と使い分け100』の著者であるFIZZ先生のブログで、なんとこのブログを取り上げてくださっているではあ…

薬の飲み合わせ 第2回 「乳がん治療薬と骨粗しょう症治療薬」 地域医療ジャーナル2018年2月号 vol.4

cmj.publishers.fm 地域医療ジャーナル2018年2月号でました。私は前号に引き続いて、飲み合わせシリーズです。ガイドラインには併用しないように、と載っているけど、添付文書には一言も書いてない…。 ムムム…。 これいかに。まあ、ご存知の方も多いでしょう…

音楽の話をしよう 『Metamorphose』復活してくれないかなっていう件

もう何年前になるでしょうか。 伊豆で開催されていたメタモルフォーゼという野外クラブイベントが大好きでした。 土曜の夜からの開催なので、週6フル勤務でも、遊びに行けるという素晴らしいスケジュール。このイベントの何が凄かったかって、やっぱりライン…

(素人だけど)お金の話をしよう  ビットコイン

どうも最近、仮想通貨だとかそういう話をちらほら耳にします。 自分はお金の話とかまったくわからなくて小学生にも負けるのではないかというほどの知識しかないのでこれから書くことはすべてデタラメってことになると思うので、読むのをやめるか、ボケの連発…

無症状/軽症インフルエンザのウイルス排泄期間

以前、地域医療ジャーナルでインフルエンザワクチンについて書きました。 インフルエンザワクチンは打つべきですか? / 地域医療ジャーナルもはや何を書いたかちょっと忘れかけているのですが…。 ワクチンに疎いこともあって、この原稿は難産だったという記…

お酒の話をしよう! コカレロ(Cocalero)

みんな大好き、アルコールの話をしましょう。といっても、お酒に詳しいかというと自分はまったくの無知。 かつて会社の上司が飲み会で、「魔王」という名前のお酒のビンを片手に練り歩き、部下に注いでまわるという恐ろしい光景を居酒屋で見て、いろんな名前…

本を読みました 『神様が殺してくれる』

ひさしぶりに本を読みました。読書というやつですね。いったい何年ぶりでしょうか…。 自分は読書家ではないので、好きな作家といっても片手で数えられるくらいしかいないのですが、年末の仕事納めのあと某書店でぼんやりと文庫本コーナーを眺めていたら、こ…

薬の飲み合わせ 第1回 「乳がん治療薬と抗うつ薬」 地域医療ジャーナル2018年1月号 vol.4

cmj.publishers.fm地域医療ジャーナルです。2018年1月号ということで自分はテーマを決めて連載を開始しました。 そのテーマとは、タイトルのとおり「飲み合わせ」です。 ひたすら飲み合わせについて書いていきたいと思います。1月号は、タイトルを見ただけで…

音楽の話をしよう Massive Attack - Live with me (おまけ;コクランレビュー2017 "Music therapy for depression")

豊洲PITでのライブから1ヶ月くらい経ちますが、もうすでにMassive Attack、次いつくるの?って感じになってる今日この頃。重厚なブリストルサウンドは唯一無二で、ディープな曲から美しい曲とさまざまなのですが、もっと大勢の人に聴いてもらいたい曲があり…

「冬到来→血圧上昇→降圧剤増量! これを防ぐ工夫はありますか? 」 地域医療ジャーナル2017年12月号 vol.3  「”Good Death”について」

cmj.publishers.fm12月号発刊です。 自分は冬といえば血圧でしょ、ということで表題のとおりのタイトルで書きました。とくに真新しいことではないですが参考までに。今月号より看護師さんの連載がスタートしました。 今回は「看取り」がテーマとなっており大…

初心者向け抄読会&レクチャーをやってみた

鉛よりも重い腰をあげて、初心者向け抄読会&レクチャーをやってみたのでご報告。みなさん、身の回りで普及活動をしているみたいですが、どうやってるのか誰も開示してないですよね。 どんなスライドを用意してどんな流れでやってるんでしょうか…。まあウチ…

音楽の話をしよう Massive Attack × Young Fathers

massiveattack.tokyo行ってきました。豊洲PITはじめての箱こんなところにライブをやるところがあったとは…。まずはYoung Fathersのライブ。めちゃくちゃかっこいい。 Young Fathersのことはリアルタイムでは知らなかったのですが、彼らが始動したのは2014年…

物忘れにオンジは有効? 

話題のオンジ(遠志)製剤について。OTCで売られているんですねー。 効能は? 「中年期以降の物忘れの改善」な、なんと…これは自分に必要なものなのではないか…。 そう思ったのは私だけではないはず。漢方メーカーさんのサイトに飛んでみると、まあそれっぽ…

高齢者の転倒防止について SR&MA(JAMA2017.11)

https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2661578背景:人口の高齢化により、転倒の発生率は増加しつづけている。 目的:転倒防止の介入の有効性を評価。データベース:MEDLINE, Embase, Cochrane Central Register of Controlled Trials, a…

脳卒中後の嚥下機能評価は早期に行った方が良い?

またまた嚥下のおはなし。Early Dysphagia Screening by Trained Nurses Reduces Pneumonia Rate in Stroke Patients: A Clinical Intervention Study. - PubMed - NCBI Stroke. 2017 Sep;48(9):2583-2585. 背景 嚥下障害は脳卒中のコモンな症状であり、誤嚥…

嚥下障害の評価にサクサクテスト!

みなさま、どんなスナック菓子が好きですか?自分は最近だとjagabeeかなぁ。味はもちろんバターしょうゆ(異論は認めん)昔からある古典的なスナック菓子といえばなんでしょうね。 サッポ○ポテト、かっ○え○せん、カ○ル(なくなったんでしたっけ?) サッポ○ポテ…

セルフ餌付けスケジュール

「未来が明るくて金に困っていなくて孤独じゃない社会」…は、自殺のリスクが低いかもね、というようなお話を聞いて、なるほどなぁと。 すみません、その根拠があるのかは調べてませんが、まあ、一般論として、そういう傾向にはありそうな気がします。未来が…

「インフルエンザワクチンは打つべきですか? 」 地域医療ジャーナル2017年11月号 vol.3

cmj.publishers.fm今回はインフルエンザワクチンについて取り上げました。 おそらく、過去最大のボリュームになってしまっているので、お時間のあるときにでもお読み頂けたらと思います。ちなみに、わたくし、先週接種しました。 ちょっと早いかな?と思いま…

髪の毛の色を黒く染めたら真面目になりますか?

大阪の高校で、生まれつき茶髪なのに黒染めを強要された女子生徒が訴訟を起こしたそうです。私は倫理観そのものが欠落しているので、教育とは、なんてことを論じるつもりはないのですが、生まれつきなのに黒染めを強要した教師はなんのためにそんなことをし…

吸入ステロイドICSとうがい

Absence of gargling affects topical adverse symptoms caused by inhaled corticosteroids in females. - PubMed - NCBI J Asthma. 2014 Mar;51(2):221-4.PMID:24147582 Objective ICSによる局所の有害事象は女性の方がよりコモンだと疑われている。 (へ…