pharmacist's record

日々の業務の向上のため、薬や病気について学んだことを記録します。細心の注意を払っていますが、古い情報が混ざっていたり、記載内容に誤りがある、論文の批判的吟味が不十分であるといった至らない点があるかもしれません。提供する情報に関しましては、一切の責任を負うことができませんので、予めご了承ください。また、無断転載はご遠慮ください。

【ビジアブ】親知らず抜歯後の痛みに対するイブプロフェン・アセトアミノフェン併用

梅味のチューイングガムを食べていたら、なにやら異物が混ざっていました。
なにを混ぜてくれやがるんだ!と思って、吐き出してみると、銀歯でした。
なんで銀歯がまざっているんだ!!?
誰の銀歯だ、ふざけるな!

……

そもそも板ガムですから、なぞの固形物がまざっているわけもないことは一目瞭然。
もちろん私の銀歯です。
詰め物がとれたのです。

というわけで歯医者に行きました。
まあ今回はたいしたことはなかったのですが、ひどい虫歯になったときの治療となったら壮絶ですよね。
あのチュイーンという音に恐怖を覚える方も多いでしょう。

私は、親知らずは残っているのですが、親知らずの抜歯はめちゃくちゃ痛いっていいますよね。

そんなわけで、親知らず抜歯後の痛みに対する鎮痛薬の効果比較のRCTをご紹介します。
いつものRCTの図解ですが、海外ではビジュアルアブストラクトと呼ばれています。
(海外では、講演のスライドのような感じで、横長のデザインが主流)

ビジュアルアブストラクトってかっこいいですが、長~いので、このブログではビジアブと略すことにしましょう。

Analgesic Efficacy of an Acetaminophen/Ibuprofen Fixed-Dose Combination in Moderate to Severe Postoperative Dental Pain: A Randomized, Double-Blind... - PubMed - NCBI
Clin Ther. 2018 Sep 20. pii: S0149-2918(18)30382-5. PMID:30245281
f:id:ph_minimal:20181014224041j:plain
親知らず(third molars)抜歯後6時間以内をベースラインとし、100mmVAS(高いほうが重症)で40mm以上の方が試験対象となりました。

使用された薬剤は、イブプロフェンアセトアミノフェンです。
併用 vs 各単剤 vs プラセボの4群比較

投与法は、1日4回投与で2日間。ビジアブに載せた用量は1回量です。
けっこうな用量ですね。日本の市販の歯痛止めでこんなに配合されている製品はなさそう…。
(ちなみに、レスキュー薬として許可されていたのがオキシコドン…。海外の研究ですので、いろいろと日本とはかけ離れている部分もあります)

脱落は少ないので結果に影響はないでしょう。

一次評価項目は、ベースラインから48時間の疼痛強度を時間調整をした上で比較しています。
疼痛強度の差なので、数値が大きければ痛みの改善の度合いが大きいということです。
ベースラインが50台くらいなので、併用群はけっこう効いてる印象。
プラセボも軽減してますが、これはプラセボ効果ではなく時間経過ととらえたほうがよいでしょうね。

レスキューの使用割合は、併用、アセト、イブ、プラセボの順で、23.9%、53.2%、43.2%、81.3%
ちょっとプラセボ群に割り当てられた方が可哀想になってきますね。プラセボの方々はお辛かったことでしょう。


<感想>
風邪の咽頭痛に対する鎮痛薬は微妙な印象でしたが、歯の痛みにはやっぱ効きますね。
(自分もたびたびお世話になっております。NSAIDsよ、ありがとう!)

市販薬の痛み止めで、イブプロフェンアセトアミノフェンを配合している製剤がけっこうあって、あれって意味があるのかな?と思っていた(←これが今回のCQでした)のですが、効果が相殺されて意味がない…みたいなことはなく、歯の痛みに対しては足し算的に効果が増しそうな印象です。

これは親知らず抜歯後の痛みが対象ですが、虫歯の痛みでも似たような結果になるんじゃないかと思います。

というわけで、「歯が痛い!歯医者に行く余裕がないので、とりあえず痛み止めをくれ!」と来局した方には、単剤よりも両方配合されてる市販薬をおすすめしたほうが効果が高そうですね。

音楽の話をしよう Aphex Twin - Avril 14th

だまされたと思って聴いて欲しいシリーズ第4弾

どうやら、この天才のことを一度もブログで書いてなかったようです。

Aphex Twinエイフェックス・ツイン

別名義はAFX、Polygon Windowなど。
数年間まったく音沙汰がなかったりして、ファンとしてはひたすら彼が作品を発表してくださるのを待ちわびるのみ…。

フジロック2017に降臨するとわかったときどれだけ興奮したことか!

www.fujirockfestival.com

まあ、どんな人かはリンク先のアー写を見ていただければ笑
顔を3つに分断してつなぎあわせるというなんてことのないアイデアですが、ただならぬヤバさが伝わってきますね^^:

どんな音かというと、まあ、一言でいえば「変態」です。
もはやジャンルは不明。
まあテクノはテクノなんでしょうけど、BPM120~130台の打ち込みとかではないです。もっと速いかな。
オウテカあたりと通ずるところがあるような気もしますが、なんていうかもう「やりたい放題」って感じ。
言葉で説明することはできない気がします。
リスカニンガムという映像作家とのコラボに定評があり、映像作品「Rubber Johnny」はその真骨頂です。
(あっ、これはオススメしません!人を選ぶ内容ですので…。)

さて、そんなド変態(←褒めてます)のエイフェックスツインですが、音楽家として圧倒的な評価を得ていて、ついには2014年の作品「Syro」でグラミー賞までとってしまいました。
なにをいまさら…という感じがしますし、場違い感がハンパないですが、こういうところでも評価されたのは嬉しいですね。
授賞式にはあらわれなかったそうですが…。


さて、前置きが長くなりました。
ライブではもうブリブリのギュインギュインな変態テクノを披露するのですが、ふと気が向いたかのように、とてつもなく美しい曲をしれっと作ってしまうんです。

だまされたと思って聴いてみて欲しい曲は、
Aphex Twin - Avril 14th です。

www.beatport.com
(↑Beatportのページで再生ボタンを押せば視聴できます)

Drukqsに収録されたこの曲(9曲目)は美しすぎるピアノの旋律が印象的な2分程度のビートレスな曲です。テクノでもドラムンベースでもなく、ただピアノが静かに流れるんですが、美しすぎてもうあっというまにもってかれます。

変態っぽい音ばっか作ってますけど、こういう音楽家としての土台がしっかりできているからこその変態ワールドなんですよね。
ただ、めちゃくちゃに音を暴れさせてるだけじゃなく、時折、変態的なビートに乗せて、こういう美しい旋律を流してきたりして…。

彼のもっとも有名な曲「Windowlicker」なんかまさにその真骨頂。
www.beatport.com
(↑こちらもぜひ)


そんなエイフェックス・ツインですが、なんとはやくも新作を発表する模様。
https://warp.net/artists/aphex-twin/

期待高まる!
もう出てるのかな!?ぜったい買わなくちゃ!

ねこでも読める医学論文 番外編「ねこと学ぼう、医療倫理」 地域医療ジャーナル2018年10月号 vol.4

cmj.publishers.fm

地域医療ジャーナル特集号。

テーマは「医療倫理とその教育」です。

テーマを与えられて記事を執筆するのはとても勉強になりますね。普段は書きたいことを書いているのですが、テーマがあると視野が広がるような気がします。
私は医療倫理の4分割表を取り上げ、架空の症例について、ねこ薬剤師たちにディスカッションしてもらいました。

購読されてる読者のみなさま、もしよろしければご一読くださいませ。